2.4GHz帯ではチャンネルボンディング利用できる場合が少ない?

最終更新日 2020年05月24日

2.4GHz帯ではチャンネルボンディング利用できる場合が少ないのか

サポート|FAQ|AT-TQ5403 - アライドテレシス株式会社 には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
一般的な環境において2.4GHz帯でチャンネルボンディング(40MHz幅)が使用できる場面は非常にまれですので、5GHz帯のご利用をご検討ください。
2.4GHz帯ではチャンネルボンディングを利用できる場合が少ないようです。

その理由について書かれていませんが、「一般的な環境」では2.4GHz帯を利用する無線LAN機器が多いことが理由であると考えられます。

2.4GHz帯ではチャンネルボンディングにより拡張したチャンネルを他の無線LAN機器が利用中であると、その拡張チャンネルを利用せずに通信を行います。

つまり、チャンネルボンディングを利用せずに通信します。


キャンペーン情報
富士通
・スプリングセール
クーポン利用で18〜24%OFF等の11大特典
(4月21日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(5月12日迄)