チャンネルボンディングとは?

最終更新日 2020年05月24日

チャンネルボンディングとは何か

いつが買い時? 標準化に向け加速する「11n」の実力 (2/3) - ITmedia エンタープライズ には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2006/11/30)
 「チャンネルボンディング」とは、帯域幅を束ねて同時に通信できる帯域幅を増やす方法だ。
「帯域幅」とは、各チャンネルが利用する周波数の範囲の幅を指しています。

ASCII.jp:IEEE802.11nはどうして一気に300Mbpsの速度になったの? (3/4) には、以下のとおり書かれています。(この記事の更新年月日は2010/01/14)
 チャンネルボンディングとは、複数のチャンネルを結合することで、通信速度を高める技術だ。
ギガビットクラスの高速通信を可能にする「IEEE 802.11ac」無線LAN規格:Windows Insider用語解説 - @IT には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2014/09/11)
 無線LANで利用される通信チャンネルの基本的な帯域幅は20MHzであるが、これを複数まとめて帯域幅を拡大すれば高速化できる。これをチャンネルボンディングという。
「デフォルト」だから遅くなる、 Wi-Fiルーターの最新設定術(3ページ目) | 日経クロステック(xTECH) には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2019/08/06)
 無線LANには、複数のチャンネルを束ねて高速に通信する「チャンネルボンディング」という仕組みがある。
無線LANでは複数のチャンネルの中から一つのチャンネルを利用して通信しますが、チャンネルボンディングとは複数のチャンネルを束ねて通信を行うことを実現する機能のようです。

無線LANでチャンネルボンディングを利用すると、通信速度が向上するようです。


キャンペーン情報
富士通
・スプリングセール
クーポン利用で18〜24%OFF等の11大特典
(4月21日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(5月12日迄)