無線LANの周波数帯域とは?

最終更新日 2020年07月13日

無線LANの周波数帯域とは何か

『周波数帯域とは』  | 東洋電装株式会社 には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
周波数帯域とは、電気信号や電波の周波数の範囲のことである。
周波数帯域は、伝播に利用する周波数のうち、一番低い周波数と一番高い周波数の間の周波数域を指す。
【2020年版】無線LANルーター おすすめ15選と選び方|利用環境や使い方に合わせて比較しよう | マイナビニュース には、周波数帯域について、以下のとおり書かれています。(この記事の更新年月日は2020/05/28)
無線LANルーターが対応する電波の周波数範囲を表すもので、イメージとしては「電波の通り道」です。
以上いろいろな記事を見てきましたが、無線LANの周波数帯域とは、データ通信に利用する電波の周波数の範囲であるようです。

実際に無線LANが利用するわけではありませんが、仮に周波数90Hz〜110Hzの電波をデータ通信に利用する場合、この電波の範囲が周波数帯域であり、100Hz帯と呼ぶことができます。


キャンペーン情報
富士通
・スプリングセール
クーポン利用で18〜24%OFF等の11大特典
(4月21日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(5月12日迄)

無線LANの周波数帯域



デル株式会社