無線LANのチャンネル、自動設定でも重複する場合あり?

最終更新日 2020年05月22日

無線LANのチャンネル、自動設定でも重複する場合があるのか

電波状態が悪いときの設定方法(チャンネル変更) には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
本無線親機の場合、無線チャンネル自動選択機能により、他の無線機器が使用していないチャンネルを検索して自動的に割り当てるため、通常は無線チャンネルを設定する必要はありません。
ただし周囲に多くの無線機器がある場合、チャンネルが正しく設定されず、電波干渉が発生して転送速度が低下してしまうことがあります。その場合は、以下の手順で手動で無線チャンネルを設定してください。
無線LANのチャンネルを自動設定すると、チャンネルが重複し電波干渉が発生することがないように自動的にチャンネルが設定されますが、使用環境に無線LANを利用する機器が多くあると、チャンネルが重複してしまうように設定されてしまうことがあるようです。

「デフォルト」だから遅くなる、 Wi-Fiルーターの最新設定術(2ページ目) | 日経クロステック(xTECH) には、無線LANのチャンネルの自動設定について、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2019/08/06)
 最近のWi-Fiルーターは、周囲の電波状況を把握して利用者が少ないチャンネルに自動設定できる製品が多い。その場合、チャンネル設定は変えなくてよい。だが多くのWi-Fiルーターは、電源投入時または再起動時に、周囲の電波状況をチェックしてチャンネルを決める。そのため時間が経過して電波状況が変わった場合、自動設定したチャンネルが最適とは限らない。そこで、チャンネルを自動設定のまま使うのであれば、常に通信への影響のないチャンネルで利用できるように、Wi-Fiルーターをこまめに再起動しよう。
無線LANのチャンネルを自動設定した際は、チャンネルが重複し電波干渉が発生することがないように設定されても、自動設定後に電波の利用状況が変わり、チャンネルが重複する状態になってしまうことがあるようです。

同記事のさらなる解説によると、チャンネルを自動的に切り替える機能が搭載されている無線LANもあるようで、このような機能を利用している場合は再起動しなくても良いそうです。

チャンネルを手動で設定する場合は、ソフトウェア「WiFi Analyzer」を利用しチャンネルの利用状況を確認し、空いているチャンネルを選び設定すると良いそうです。


キャンペーン情報
富士通
・スプリングセール
クーポン利用で18〜24%OFF等の11大特典
(4月21日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(5月12日迄)