無線LANの通信距離、日本記録はどのくらい?

最終更新日 2020年05月26日

無線LANの通信距離、日本記録は約47.5kmなのか

JRC日本無線 ニュース 2008.03.27 無線LAN(WiFi)で通信距離47.5kmの日本新記録 には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2008/03/27)
日本無線株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:諏訪頼久 以下 JRC 日本無線)は、2008 年2月に2.4GHz 帯無線LAN(JRL-710)で、国内最長距離(約47.5km)、実効速度8Mbps のブロードバンド通信に成功しました。
無線LANの通信距離の日本記録は、約47.5kmのようです。

通信に使用された無線LAN機器やアンテナは、家庭に導入されるようなものではありませんので、家庭向けの無線LAN機器で約47.5kmという通信距離を実現するのは不可能と考えられます。

無線LANの通信距離、日本記録は約62.9kmなのか

JRC日本無線 ニュース 2009.03.12 日本記録更新 無線LANで通信距離62.9km達成 には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2009/03/12)
 日本無線株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:諏訪頼久 以下 JRC 日本無線)は、2008年12月に2.4GHz帯無線LAN(JRL-705AL)を用い、国内最長距離(約62.9km)で実効速度1.2Mbps のブロードバンド通信に成功しました。従来の通信距離記録は、2008年2月に記録した47.5km(指宿市−三島村竹島間)でしたので、大幅に記録を更新しました。
日本無線株式会社は、無線LANの通信距離の日本記録を更新したようです。

無線LANの通信距離の日本記録は、約62.9kmのようです。

この日本記録は、後にさらに更新される可能性があります。


キャンペーン情報
富士通
・大ボーナスセール
クーポン利用で16〜24%OFF等の11大特典
(12月1日迄)
シークレットクーポン
特別割引のクーポン
(1月12日迄)