無線LANルーターを窓際に設置はダメ?

最終更新日 2020年05月25日

無線LANルーターを窓際に設置はダメなのか

やってはいけないWi-Fi(無線LAN)の設置方法とは?-ELECOM WEB SITE! には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
Wi-Fiルーターを窓際に置くと窓ガラスの外へ電波が逃げてしまうため、インターネット可能なエリアを半減させてしまいます。また、直射日光がWi-Fiルーターにあたっている状態は、たいへん良くありません。Wi-Fiルーターもコンピュータ機器の一種ですから、高熱にさらされると情報処理に異常をきたす「熱暴走」のおそれがあるのです。
無線LANの電波を強くしたければ、これだけはやってはいけないNG集6選 | マイナビニュース には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2015/04/20)
無線LANルータは窓際に置くのもよくないとのことだ。外から無線LANルータが見えてしまうというセキュリティ上の問題もあるが、ここではシグナルという点から見てみよう。記事によると、窓際に置いた場合、半分ものシグナルが外に向かって飛んでいるという。つまり、貴重な電波の半分を無駄にしていることになる。これは大いなる損失だ。窓際に無線LANルータを置いていて、電波が弱いと思っているのなら、今すぐにでもやめよう。
無線LANルーターを窓際に設置するのは良くないようです。

無線LANルーターは全方位へ電波を飛ばしますが、無線LANルーターを窓際に設置すると窓の方へ飛んだ電波が逃げて無駄になってしまうようです。

電波が無駄になっても特に問題がなくても、無線LANルーターに直射日光が当たり高温になり正常に動作しなくなってしまったり、悪意ある人によって無線LANルーターを見られてしまいサイバー攻撃を試みられるデメリットがあるようです。

ホームルーターとモバイルルーターは窓際に設置が良いのか

Wi-Fiルーター置き場はどこが良い?最適な設置場所をタイプごとに紹介|TIME&SPACE by KDDI には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2019/08/23)
このうち、ホームルーターとモバイルルーターは携帯電話と同じく、基地局を介してインターネットにつなぐ方式です。だから部屋に設置するときは、基地局の電波がしっかりと届きやすい窓際付近が適しているといえます。
携帯電話会社の無線回線を利用するホームルーターやモバイルルーターも無線LANの一種と言えますが、これらは屋外に設置されている基地局と接続するので窓際に設置すると良いようです。

ただし、直射日光が当たらないようにし、かつ窓の外から見えないように設置すると良いです。


キャンペーン情報
富士通
・スプリングセール
クーポン利用で18〜24%OFF等の11大特典
(4月21日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(5月12日迄)