無線LANルーター初期設定でチャンネルボンディングがオフの理由とは?

最終更新日 2020年05月24日

無線LANルーター初期設定でチャンネルボンディングがオフの理由とは何か

【設定見直し】「速度が出ない/安定しない」ときの対策 | 日経クロステック(xTECH) には、無線LANルーターにて2.4GHz帯ではチャンネルボンディングがオフに初期設定されていたり、電波状況によりチャンネルボンディングがオフもしくはオンになるように初期設定されていることについて、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2014/10/29)
限りある電波資源を有効に分け合うためのマナー設定として、こうした初期設定が採用されているようだ。
無線LANルーター初期設定で、2.4GHz帯ではチャンネルボンディングをオフ等にすることは、マナーとなっているようです。

無線LANの2.4GHz帯は利用可能なチャンネル数が少なく、番号が近いチャンネルと重複しやすいので、このようなマナー設定が生まれたと考えられます。


キャンペーン情報
富士通
・期末決算セール
クーポン利用で22〜27%OFF等の11大特典
(9月22日迄)
シークレットクーポン
特別割引のクーポン
(10月5日迄)