無線LANルーターを家電や電子機器の近くに設置はダメ?

最終更新日 2020年05月25日

無線LANルーターを家電や電子機器の近くに設置はダメなのか

やってはいけないWi-Fi(無線LAN)の設置方法とは?-ELECOM WEB SITE! には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
特に、2.4GHz帯の電波を利用するWi-Fiルーター(IEEE 802.11gなど)は、同じ周波数帯を利用する家電が普及していることから、室内での干渉が起きやすくなっています。例えば、電子レンジやコードレス固定電話、IHクッキングヒーター、Bluetooth機器などがそれに該当します。 これらの家電や機器のそばにWi-Fiルーターを置くと、通信が不安定になる原因となりますので、なるべく離れた位置に置くようにしましょう。
無線LANの電波を強くしたければ、これだけはやってはいけないNG集6選 | マイナビニュース には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2015/04/20)
これら電子機器も無線LANルータのシグナルに対しては敵になりかねない。実際、干渉を起こす原因となっていることが多く、中でもテレビ、電子レンジ、コードレス電話などの近くには置かないほうが良いそうだ。加えて、Bluetooth対応の機器も要注意だ。これらの電子機器から離れたところに、無線LANルータの設置場所を確保しよう。
Wi-Fiルーター置き場はどこが良い?最適な設置場所をタイプごとに紹介|TIME&SPACE by KDDI には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2019/08/23)
「さらに言うと、電子レンジやIHヒーター、Bluetooth機器といった家電製品は、Wi-Fiの周波数帯と同じ2.4GHzの周波数を使用しています。近くで使用していると影響を受けてつながりにくくなったり、通信速度が落ちたりすることもあります」
以上いろいろな記事を見てきましたが、無線LANルーターを家電や電子機器の近くに設置することは良くないようです。

近くに設置してしまうと、無線LANルーターが通信に利用する電波と、他の家電や電子機器が利用する電波が干渉してしまい、無線LANの通信速度が低下したり通信が不安定になるようです。

特に無線LANで2.4GHz帯を利用する場合、2.4GHz帯の電波を利用する家電や電子機器が多いので、電波干渉が発生しやすいようです。

無線LANで5GHz帯を利用すると、電波干渉が発生する可能性が低くなると考えられます。


キャンペーン情報
富士通
・スプリングセール
クーポン利用で18〜24%OFF等の11大特典
(4月21日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(5月12日迄)