無線LANルーターを水がある場所近くに設置しない方が良い?

最終更新日 2019年05月20日

無線 LAN ルーターを水がある場所近くに設置しない方が良いのか

ホントはもっとつながるWi-Fi | BUFFALO バッファロー | BUFFALO バッファロー には、以下のとおり書かれています。
Wi-Fiに限らず、電波は水に吸収されやすいという特性があるため、水槽や花瓶など水が入ったものそばに置くと、電波が弱くなります。他にも、本や土壁など、水分を吸収しやすいものの近くでも同様の影響が出る可能性があるため、湿気を含むものの近くへの設置はできるだけ避けましょう。
やってはいけないWi-Fi(無線LAN)の設置方法とは?-ELECOM WEB SITE! には、以下のとおり書かれています。
Wi-Fiルーター自体が電子機器ですから、水濡れに弱いというのもさることながら、電波は水の多い場所を通り抜けにくい性質があります。台所の流し台や風呂場、洗面所、水槽、花瓶など、水が溜まっていたり水道管が通っていたりするエリアにWi-Fiルーターを置くと、インターネット回線が不安定になるおそれがあるため、水場から離れた場所に設置しましょう。
無線LANの不満、3つの技で解決|MONO TRENDY|NIKKEI STYLE には、以下のとおり書かれています。
電波は水に吸収されやすく、水槽や花瓶の近くも設置には不向きだ。
以上いろいろな記事を見てきましたが、電波は水に吸収されやすく透過しにくいので、水が入っている物や水分を多く含む物の近くに無線 LAN ルーターを設置しない方が良いそうです。

通信機器との間に水がない条件でも通信に悪影響を及ぼすのか気になります。例えば、ノートパソコンから水槽の側に設置した無線 LAN ルーターと無線 LAN 通信を行うとします。

ノートパソコンと無線 LAN との間に水槽がある条件なら通信に悪影響を及ぼすと思いますが、その間に水槽がない条件でも通信に悪影響を及ぼすのか気になります。

天井や床、壁等にて反射する電波も通信に利用することがありますので多少の悪影響を及ぼす可能性がありますが、通信機器との間に水がなければあまり変わらないような気がします。これは実際に実験してみないとわからないことだと思います。

仮に通信機器との間に水がなければ問題はないとしても、水がかかる恐れがあるなら水がある場所近くに無線 LAN ルーターを設置しない方が良いです。

もし無線 LAN ルーターに水がかかってしまい内部に浸水してしまうと、ショートし故障や火災等につながる恐れがあります。

・電波は水に吸収されやすいので水がある場所近くに無線 LAN ルーターを設置しない方が良い


キャンペーン情報
富士通
・新製品セール
クーポン利用で16〜23%OFF等の10大特典
(7月24日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(9月4日迄)

無線LANルーター



マウスコンピューター/G-Tune