動画、画像編集用にデスクトップとノートどちらを選ぶか

最終更新日 2016年03月17日

おすすめはデスクトップパソコン

パソコンは、大きく分けてデスクトップパソコン、ノートパソコン、タブレット PC があります。動画や画像編集に使うなら、デスクトップパソコンかノートパソコンを選ぶのがおすすめです。

タブレット PC でも動画や画像編集はできますが、画面が狭く、タッチ操作では動画や画像編集をしにくいです。タブレット PC に外付け液晶ディスプレイとキーボード、マウスを接続すれば、動画や画像編集をしやすくなりますが、そこまでするならデスクトップパソコンやノートパソコンを選ぶ方が良いです。

デスクトップパソコンとノートパソコンどちらを選ぶか迷うところですが、パソコンを外出先に持ち運び動画や画像編集をする必要がなければ、デスクトップパソコンがおすすめです。以下にデスクトップパソコンがおすすめな理由を記載しますが、デスクトップパソコンのタワー型を選ぶ事を前提とします。

拡張性が高い

パソコンの拡張性が高ければ、PC パーツの交換や増設をしやすいですが、ノートパソコンよりもデスクトップパソコンの方が拡張性が高いです。

拡張性が高いデスクトップパソコンであれば、CPU を交換して性能アップ、メインメモリーを増設して容量アップ、ビデオカードを交換または増設してグラフィックス性能アップ、内蔵ストレージを増設して容量アップ等できます。また、故障した PC パーツを交換して修理を行う事もできます。

ノートパソコンに拡張性が全くないわけではありませんが、PC パーツの交換や増設をするなら、デスクトップパソコンの方が圧倒的に有利です。

もし動画や画像編集をしている内に不満な点が出てきたら、デスクトップパソコンなら PC パーツの交換や増設をして改善が可能です。また、保証期間外または保証対象外の故障の場合、メーカー等に修理を頼むと高額な修理料金がかかりますが、デスクトップパソコンなら自分で修理をして安く済ませられます。ただし、故障箇所を特定し、故障した PC パーツの入手が難しければ代わりの PC パーツを選ばなければならないため、自分で修理を行う事は簡単ではありません。

持てる性能が高い

デスクトップパソコンは、内部スペースが広く放熱性に優れているため、サイズが大きくて発熱量が大きい高性能 CPU やビデオカードを搭載できますが、ノートパソコンには搭載できません。ノートパソコンには、モバイルパソコン向けの CPU やビデオチップが搭載されますが、これらは発熱量を抑えるために性能が犠牲になっている面があります。

そのため、ある程度の性能まではノートパソコンでも実現できますが、それ以上の性能を実現するためにはデスクトップパソコンではないと無理です。

技術進歩によりモバイルパソコン向けの CPU やビデオチップも随分と性能が向上しましたので、動画や画像編集に使う場合であっても多くの人にとってはノートパソコンが持てる性能で十分ですが、もしノートパソコンの中で最高峰の性能を持つモデルでも性能が足りないようなら、デスクトップパソコンを選ぶ必要があります。

コストパフォーマンスが高い

デスクトップパソコンよりもノートパソコンの方が小型であり、小型化するとコストが下がる物はありますが、パソコンでは同じ性能を実現するなら、ノートパソコンよりもデスクトップパソコンの方が低コストです。

デスクトップパソコンの方がコストパフォーマンス(性能と価格との比)が高く、同じ価格のデスクトップパソコンとノートパソコンがあれば、基本的にデスクトップパソコンの方が安いです。ノートパソコンには液晶ディスプレイが搭載されていますが、それを考慮してもデスクトップパソコンを選ぶ方がお得です。

動画や画像編集に使うために高性能モデルを選ぶなら、高性能モデルは価格が高いため必要な予算が大きくなりますが、デスクトップパソコンの方を選べば、大幅に予算を抑えられます。

ノートパソコンを選ぶのもあり

設置スペースが小さく、収納しやすい

パソコンを外出先に持ち運び動画や画像編集をする必要がなくても、ノートパソコンを選ぶのもありです。私は動画や画像編集に使うならデスクトップパソコンをおすすめしますが、ノートパソコンでも動画や画像編集をよくします。

デスクトップパソコンを机等に設置すると簡単には移動できませんが、ノートパソコンなら簡単に移動できます。例えば、自分の部屋の机にデスクトップパソコンを設置すると、そこで動画や画像編集するしかありませんが、ノートパソコンなら机に限らずソファーやベッドの上等、さらには他の部屋でも動画や画像編集できます。

また、ノートパソコンだと設置スペースが小さく、収納しやすいのもメリットです。デスクトップパソコンにも設置スペースが小さいものがありますが、収納しにくいです。ノートパソコンなら、液晶ディスプレイ、キーボードが一体になっていますので、机の引き出し等に簡単に収納できます。

拡張性が低い、コストパフォーマンスが低いのが問題にならず、デスクトップパソコンではないと持てない性能が不要であれば、ノートパソコンを選ぶのもおすすめです。

パソコンの設置場所を固定し、設置スペースを抑える必要がなく、収納する必要もなければ、デスクトップパソコンがおすすめです。

動画や画像編集に適した液晶ディスプレイを使いたいなら、デスクトップパソコンがおすすめ

ノートパソコンも選択肢に入れていても、動画や画像編集に適した液晶ディスプレイを使いたい場合、デスクトップパソコンを選び、別途で外付け液晶ディスプレイを用意して使う方が良いです。

ノートパソコンに搭載される液晶ディスプレイは、画面サイズは大きくても17インチ型程度です。動画や画像編集を行うなら、最低でも20インチ型程度は欲しいです。

また、ノートパソコンに搭載される液晶ディスプレイは、低コスト優先です。動画や画像編集用として販売されているノートパソコンにも当てはまります。

液晶ディスプレイの品質は全体的に底上げされましたので、多くの人にとっては低コスト優先の液晶ディスプレイの品質でも十分ですが、動画や画像編集に適した高品質な液晶ディスプレイを求めるなら、外付け液晶ディスプレイが必要です。

過去に動画や画像編集に適した高品質な液晶ディスプレイが搭載されたノートパソコンが見られましたが、販売は長く続きませんでした。恐らく、需要が少なく売り上げが伸びなかったからと思われます。

もし、また動画や画像編集に適した高品質な液晶ディスプレイが搭載されたノートパソコンが登場したとしても、高品質な液晶ディスプレイを使うなら、広い画面サイズで動画や画像編集を行いたいものです。また、高いお金を支払ってまで入手した高品質な液晶ディスプレイは、長きにわたって使っていきたいですが、ノートパソコンでは買い替えるなら本体ごとになります。デスクトップパソコンなら、買い替え後も外付け液晶ディスプレイを使い続ける事ができます。

そのため、動画や画像編集に適した液晶ディスプレイを使いたい場合は、デスクトップパソコンを選ぶのがおすすめです。ノートパソコンには映像出力端子がありますので、外付け液晶ディスプレイを接続して使用できますが、特にノートパソコンを選ぶ理由がなければ、デスクトップパソコンの方が良いです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
・SSD追加&容量増量キャンペーン
ハイスペックなSSDが通常よりもお得に追加&容量アップ可能です!
(キャンペーン実施中)
Dell
・夏のボーナスセール!
週末(金〜月)限定、クーポンでさらに17%オフ!XPS 13が当たる!メルマガ登録キャンペーンも実施中!
(6月26日迄)
ドスパラ
・ボーナスセール
特価パソコン、PCパーツ・周辺機器もセール実施中!
(6月29日迄)
パソコン工房
・夏のボーナスセール
セール対象パソコンがプライスダウン!
(7月4日迄)