冷感剤を使うと涼しく感じるが熱中症に注意

最終更新日 2018年10月19日

冷感剤を使うと涼しく感じるが熱中症に注意が必要な理由

暑い時に冷感剤を利用した冷感グッズを使うと涼しく感じますのでおすすめですが、熱中症に注意が必要です。

熱中症とは身体から熱が十分逃げておらず身体に熱が溜まっている状態ですが、冷感剤を利用した冷感グッズの主な機能は熱を逃がすというよりは冷たく感じさせることですので、涼しく感じても身体に熱が溜まり熱中症になる恐れがあります。

熱中症になってもおかしくない暑さのところで冷感剤を利用した冷感グッズを使い乗り切ろうとするのは良くないわけではありませんが、めまい、失神、筋肉痛、筋肉の硬直、大量の発汗、頭痛、不快感、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、意識障害、けいれん、手足の運動障害、高体温等、熱中症の症状が現れていないか注意が必要です。

暑い屋外から冷房が弱めの部屋に入ると、なかなか涼しく感じない場合がありますが、その場合に早く涼しく感じたいために冷感剤を利用した冷感グッズを使うのは比較的安全ですが、冷房が弱めでも熱中症になる場合があるので注意が必要です。


キャンペーン情報
富士通
・スプリングセール
クーポン利用で15〜23%OFF等の10大特典
(4月24日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(5月16日迄)

熱中症



デル株式会社