国内メーカー、海外メーカー、ショップブランドの違い

最終更新日 2017年10月16日

国内メーカー製パソコン、海外メーカー製パソコン、ショップブランド製パソコン

パソコンは製造元が違うと特徴も違う

日本国内では、国内メーカーによって製造された国内メーカー製パソコンが普及していますが、海外メーカーによって製造された海外メーカー製パソコンやショップブランドによって製造されたショップブランド製パソコンもあります。

ショップブランド製パソコンは、ホワイトボックス、またはオリジナルパソコン等と呼ばれており、シンプルな構成とコストパフォーマンスの高さ等が人気を呼び、多くのユーザーから支持されています。

パソコンを選ぶときは、国内メーカー製パソコン、海外メーカー製パソコン、ショップブランド製パソコンの違いを考えて選ぶ必要があるため、ある程度両者の違いを知っておく必要があります。それぞれが持っている特徴を認識し、その特徴と自分のニーズを合わせることが重要です。

国内メーカー、海外メーカー、ショップブランドの特徴

以下は、国内メーカー、海外メーカー、ショップブランドの特徴を簡易にまとめた表です。

項目 国内メーカー 海外メーカー ショップブランド
筐体の
設計・デザイン
独自性が強い
独自性が強い 独自性が弱い
BTO で選べる
PC パーツ
少ない 少ない 多い
付属品 多い 少ない 少ない
プリインストール
ソフト数
多い 少ない 少ない
マニュアル
(説明書)
内容が多い 内容が少ない 内容が少ない
サポート
アフターサービス
質が高い 質が低い 質が低い
コスト
パフォーマンス
低い 高い 高い

上記の特徴は一概に当てはまるとは限りません。例えば、国内メーカーの一部には、海外メーカーの特徴に近い国内メーカーが存在します。

国内メーカー、海外メーカー、ショップブランドそれぞれの特徴は、メリットに見える特徴が全ての人にとってメリットになるとは限らずデメリットになることもあります。逆も同様です。

国内メーカー、海外メーカー、ショップブランドどれを選ぶのが良いかは人それぞれです。大雑把に分けるなら国内メーカーはパソコン初心者向け、海外メーカー、ショップブランドはパソコン中級者、上級者向けです。

国内メーカー、海外メーカー、ショップブランドの特徴に関する補足

筐体の設計・デザイン

国内メーカー、海外メーカーは、筐体にコストをかけてデザインや材質にこだわったパソコンが多いです。例えば、パナソニックはノートパソコンの筐体にコストをかけ軽さ、頑丈さで差別化を図っています。

ショップブランドは、単体で市販されているシンプルな PC ケースを採用していたり、独自性を出していても単体で市販されているシンプルな PC ケースに近い筐体を採用しているパソコンが多いです。

パソコンは使えれば良いのであれば筐体にこだわる必要はありませんが、筐体にこだわるなら国内メーカー、海外メーカーを選ぶ方が良いです。

BTO で選べる PC パーツ

国内メーカー、海外メーカーは、ショップブランドと比べると BTO カスタマイズに対応していても選べる PCパーツの種類が少ないです。少ないと言っても PC パーツの選択肢は十分あります。

パソコンを自作するために豊富に存在する PC パーツの中から選ぶかのようにパソコンに搭載する PC パーツを選びたいなら、ショップブランドを選ぶ方が良いです。

付属品

国内メーカーは、キーボード、マウス、スピーカー等が標準で付属するパソコンが多いです。海外メーカー、ショップブランドは、キーボード、マウス、スピーカー等が標準付属するパソコン、標準付属しないパソコンどちらも多く見られます。

キーボード、マウス、スピーカー等は自分に合うものを別途で選ぶのであれば、標準付属しなくても問題ないどころか使わない付属品に対して無駄にコストを支払わないために標準付属しない方が良いですが、たいていの標準付属品は安物であり、パソコンの価格に大して影響しません。

プリインストールソフト数

国内メーカーは、ヘルプ機能が充実したソフト等のパソコン初心者向けソフト、実用系ソフト等が多数インストールされているパソコンが多いです。

海外メーカー、ショップブランドは、プリインストールされているソフトが少なく、OS に付属するソフトやセキュリティ対策ソフトの体験板程度くらいです。

プリインストールソフトが多い方が良さそうに見えますが、世にはソフトが無数にあり、その中の極一部のプリインストールソフトが自分が使いたいと思えるようなソフトである可能性は低いです。そのため、プリインストールソフトが多くても結局は使わない可能性が高いです。

プリインストールソフトの価格がパソコンの価格に上乗せされていることもあり、プリインストールソフトを利用しないならプリインストールソフトが少なければプリインストールソフトに対し無駄なコストを支払わずに済むことになります。

パソコン購入後に別途でソフトを用意するとなると、ソフトを買うために多大なコストがかかりそうですが、インターネットには大変便利な無料で利用できるフリーソフトがそろっています。

どうしても有料のソフトに頼らざるをえないことはありますが、フリーソフトだけで乗り切ることは不可能ではなく簡単と言えるくらいです。

マニュアル(説明書)

国内メーカーは、パソコン初心者でも使えるように分厚いマニュアルが付属するパソコンが多いです。海外メーカー、ショップブランドは、最低限必要な情報が載ったマニュアルが付属するパソコンが多いです。

パソコンとは異なりますがスマートフォン等のIT機器、家電製品等、分厚いマニュアルが付属していて読んだとしても極一部だけだった人が大半だと思います。

マニュアルの内容が多い方が良さそうですが、パソコンでも全くの初心者でなければマニュアルは不要なくらいであり、マニュアルの内容が簡易であっても問題なく使えます。

サポート、アフターサービス

国内メーカーは、パソコン初心者でも安心して使えるようサポート、アフターサービスの質が高いです。

海外メーカー、ショップブランドは、サポート、アフターサービスのコストを下げパソコンの価格を低くすることを重視しており、サポート、アフターサービスの質は低く、パソコン中級者、上級者向けです。

サポート、アフターサービスの質は低くても、保証期間内における故障時の修理や交換対応等、最低限のことは行っています。故障等、自分ではどうしようもないトラブル以外は自分で解決する力がある方にとってサポート、アフターサービスの質は低くても問題ないどころか、むしろ良いくらいです。

サポート、アフターサービスの質を高くするためにはコストがかかり、パソコンの価格に上乗せされていますので、サポート、アフターサービスの質は低くても良いのにも関わらず質が高いところでパソコンを買えば、無駄なコストを支払ってしまうことになります。

コストパフォーマンス

国内メーカーのパソコンは、性能の割には価格が高くコストパフォーマンスが低いです。海外メーカー、ショップブランドのパソコンは、性能の割には価格が安くコストパフォーマンスが高いです。

誰しもがパソコンを安く買いたいでしょうから、コストパフォーマンスを最も重視する人が多いと思います。コストパフォーマンスが低い国内メーカーは避ける方が良さそうですが、国内メーカーのパソコンには様々なメリットがあります。

特にマニュアルの内容が多い、サポート、アフターサービスの質が高いことはパソコン初心者にとって安心です。これらのメリットを考えれば、コストパフォーマンスが低いという点は目をつぶれます。

コストパフォーマンスが高い海外メーカー、ショップブランドなら、予算を抑えられますので安さを求める人に最適です。マニュアルの内容が少ない、サポート、アフターサービスの質が低い等、パソコンを安くするために生じたデメリットがありますが、上記で見てきたとおり人によってはデメリットどころかメリットになるくらいです。

主な国内メーカー、海外メーカー、ショップブランド

以下は、主な国内メーカー、海外メーカー、ショップブランドです。他にもありますが、代表的な国内メーカー、海外メーカー、ショップブランドに限って記載しています。

国内メーカー NEC、エプソン、東芝、VAIO、パナソニック、富士通、マウスコンピューター
海外メーカー エイサー、エイスース、デル、ヒューレット・パッカード、レノボ
ショップブランド サイコム、ツクモ、ドスパラ、パソコン工房

これらの中で例外的な存在となるのはマウスコンピューターです。マウスコンピューターは国内メーカーですが、海外メーカーと同様な特徴を持ちます。

もし純粋に国内メーカーならではの特徴を望むなら、国内メーカーの NEC、エプソン、東芝、VAIO、パナソニック、富士通を選ぶ必要があります。


キャンペーン情報
富士通
・クリスマスセール
クーポン利用で10〜27%OFF等の10大特典
(12月26日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/B2 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/B2 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/B2 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で26%OFF
ESPRIMO WF1/B3 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で25%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で30%OFF
LIFEBOOK WA3/B3、WA2/B3 icon (CPU:Core i7,Core i5選択時)がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力で25%OFF
(CPU:Core i3選択時)がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で25%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B3 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で27%OFF
LIFEBOOK WU2/B3 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で24%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(1月31日迄)