WindowsやOfficeの非正規品販売オンラインショップの特徴

最終更新日 2018年05月19日

Windows や Office の非正規品を販売しているオンラインショップの特徴とは

オンラインショップで Microsoft の Windows や Office 買ったが、買った商品が非正規品だとインストールできない、動作しなくなった、マルウェアが混入していた等のトラブルが発生する可能性があります。非正規品だから返品しようとしても、返品を受け付けてもらえないことがあります。

有名なオンラインショップで買うようにすれば非正規品をつかむことはそうそうありませんが、大手オンラインショッピングモールの中には非正規品を販売しているオンラインショップがあり、大手オンラインショッピングモールで売られれているのだからと安心はできません。

『買ってはいけない』オンラインショップ 10 の特徴〜非正規のソフトウェアにご注意ください。 - The Official Microsoft Japan Blog では、非正規品を販売していると疑わしいオンラインショップの特徴や非正規品の特徴が以下のとおり紹介されており、Microsoft の Windows や Office を買う前に抑えておきたいです。
・DVDメディア付きのOfficeが販売されている(最新のOfficeには、DVDは同梱されていません)。
・パソコンに同梱されているDVDを単品として販売している。
・「認証保証」などとうたっている。
・「100%正規品・本物」などと強調している。
・他言語版と称した製品を販売している。
・OEM版、DSP版と称したOfficeを販売している(実際に届いたのは別のエディションで、しかもインストールできなかったという例が多く見受けられます)。
・「国内より発送するので安心!」などとうたっている。
・「E-メールでプロダクトキーやダウンロード先のリンクを送るので送料無料」などとうたっている。
・レビュー欄に、絶賛する内容のコメントが書き込まれている。同じ文面が他の商品のレビュー欄にも見受けられる。
・法人向けにしか販売されていない『Office Professional Plus』 や、日本で販売されていない『Office Home and Student』などを小売りしている
上記以外にもマイクロソフト、Windows、Office のロゴが旧い、ネットから拾ってきたような製品の画像を使っている等の不審点があると紹介されています。

それと価格が異常に安い場合も注意が必要です。様々なオンラインショップで価格を比較すると、半額どころか半額以上の値引きも見られるオンラインショップがありますが、非正規品である可能性が極めて高いです。

オンラインショップに限らずネットオークションサイトでも非正規品が多いので注意が必要です。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
・秋の売れ筋パソコン特集
PCサプライが付属、SSDを少額でスピード&容量アップ等、お得なキャンペーン実施中です
(キャンペーン実施中)
Dell
・スポーツの秋セール!
秋の思い出を、自分史上最高の作品に。最大20%オフクーポンでお得!
(10月15日迄)
ドスパラ
・オータムセール 第2弾
SSD、メモリ、HDD無料アップなど特価モデルが盛りだくさん
(10月18日迄)
パソコン工房
・オータムセール
スタッフ厳選BTOパソコンが大幅プライスダウン!
(10月30日迄)

ネットショッピング基礎知識



デル株式会社