DisplayPort ケーブルの選び方 - その他 周辺機器の選び方

最終更新日 2017年12月24日

DisplayPort ケーブル選びで純正ケーブルにこだわる必要はない

パソコンや液晶ディスプレイ等の機器と同じメーカーの DisplayPort ケーブルは、純正ケーブルと呼ばれます。純正ケーブルは、同メーカーの機器での動作保証または動作確認が行われている点が違っており、純正ケーブルが必須となるわけではありません。

例えば、純正ケーブルも用意しているメーカーの液晶ディスプレイの DisplayPort 入力端子に接続するために、純正ケーブルではない DisplayPort ケーブルを選んで使用しても問題ありません。

ただし、DisplayPort ケーブルは機器との組み合わせによっては正常に伝送できなくなる相性問題が発生する可能性があり、純正ケーブルではない DisplayPort ケーブルだとその可能性が残ります。

出力側と入力側の機器のメーカーは異なるのが普通であり、この場合は純正ケーブルを選んでも片方は純正とはならない機器との組み合わせで相性問題が発生する可能性がありますが、純正ケーブルを選べば相性問題が発生するリスクを抑えられます。

相性問題のリスクを抑えたい場合は純正ケーブルを選ぶと良いですが、相性問題が発生する可能性は低いので無理に選ぶ必要はありません。純正ケーブルは割高感がある価格となっていることが多く、純正ケーブルではない DisplayPort ケーブルを選ぶと経済的です。

将来を見据えて新しい規格の DisplayPort ケーブルを選ぶ

DisplayPort の規格一覧

DisplayPort の規格は、業界団体の VESA(Video Electronics Standard Association)がまずバージョン1.0を策定し、その後新しいバージョンを何度か策定し発展してきました。

DisplayPort の規格には以下のバージョンがあります。(2017年12月24日時点)

バージョン 最大帯域幅 4K 5K 8K
1.0 10.8Gbps 30Hz(※) 非対応 非対応
1.1
1.1a
1.2 21.6Gbps 75Hz 30Hz 非対応
1.2a
1.3 32.4Gbps 120Hz 60Hz 30Hz
1.4 240Hz 120Hz 60Hz
(※)対応している最大リフレッシュレート(他も同様)

DisplayPort 1.3 と DisplayPort 1.4 は最大帯域幅が同じですが、対応している最大リフレッシュレートが異なります。DisplayPort 1.4 から Display Stream Compression(DSC)というデータ圧縮技術を採用することで、さらに高いリフレッシュレートに対応できるようになったからです。

DisplayPort ケーブルは規格によりどのような違いがあるのか

DisplayPort ケーブルには、1.2a認証または1.2a準拠という記載が見られる製品がありますが、DisplayPort ケーブルでは規格のバージョンによる仕様の違いはありません。

DisplayPort ケーブルが、ある規格のバージョンで認証(準拠)されているという事は、その規格のバージョンにて策定されている仕様の動作が保証されているという意味であり、例えば上記に各バージョンの最大帯域幅を記載しましたが、DisplayPort ケーブルが1.2a認証(準拠)であれば、1.2aの最大帯域幅 21.6Gbps に対応しています。

DisplayPort ケーブルは、規格のバージョンによる仕様に違いはないため、1.2a認証(準拠)であっても1.3の最大帯域幅 32.4Gbps にも対応できる可能性があります。もし対応できなくても1.3には対応していないので、製品として問題ないことになります。

DisplayPort は、規格のバージョンが新しくなるほど帯域幅が大きくなり、伝送データの信号の減衰、外部ノイズの影響を抑えなければならなくなります。そのために品質を高める必要がありますが、帯域幅だけでなく他にも DisplayPort ケーブルにさらに高い品質が求められる DisplayPort の仕様変更点があります。

これが DisplayPort ケーブルの仕様に規格のバージョンによる違いはないのに、DisplayPort の仕様変更点に対応できるかどうかに違いが出てくる理由です。

多くの DisplayPort ケーブルは、将来新しい規格のバージョンが出ても長く使えるよう高品質に作られており、DisplayPort ケーブルの規格のバージョンが古くても新しいバージョンの DisplayPort ケーブルとして使える可能性があります。しかし、古いバージョンの認証(準拠)付き DisplayPort ケーブルを選んで新しいバージョンで変わった最大帯域幅等に対応できないと困りますので、なるべく新しいバージョンの認証(準拠)付き DisplayPort ケーブルを選ぶ方が良いです。

DisplayPort ケーブルでは1.4認証(準拠)が最新バージョンとなります。DisplayPort ケーブル購入時では1.4認証(準拠)である必要がなくても、将来を見据えて1.4認証(準拠)の DisplayPort ケーブルを選ぶ方が良いです。

しかし、1.4認証(準拠)の DisplayPort ケーブルは価格が高いですので、当分必要になることがなさそうであれば、1.4よりも古いバージョンの認証(準拠)付き DisplayPort ケーブルを買って安く済ませ、将来必要になった時に1.4認証(準拠)の DisplayPort ケーブルを買う選び方もありです。将来1.4認証(準拠)の DisplayPort ケーブルは普及が進み値下げが進んでいるでしょうから、今より安く買える可能性があります。

認証と準拠の違い

認証と準拠の違いですが、VESA の認証試験センターにて試験に合格した DisplayPort ケーブルは認証を取得できます。準拠となる DisplayPort ケーブルは認証 DisplayPort ケーブルと同等に使えますが、形状や寸法等において規格外となる特徴が見られる DisplayPort ケーブルか、規格の仕様通りに作られているが認証の取得はしていない DisplayPort ケーブルです。認証を取得できるのに取得しないのは損のように見えますが、認証を取得するコストを削減でき価格を安くする事ができます。

この認証と準拠の違いを見る限り認証の方が信頼性が高そうですが、認証の DisplayPort ケーブルであっても相性問題が発生しやすい DisplayPort ケーブルや、物理的耐久性に難がある DisplayPort ケーブル等が見られ、認証されているから信頼性が高いとは限りません。そのため、認証か準拠どちらなのか気にして選ぶ必要性は低いです。

DisplayPort ケーブルは対応最大帯域幅が同じでも規格が異なる場合あり

伝送するデータ量を自動車にたとえると帯域幅は道路の広さです。道路が広いほど多くの自動車が通れますが、帯域幅が広いほど伝送できるデータ量が大きくなります。解像度、リフレッシュレート、色深度が大きい映像ほどデータ量が大きくなり、必要な帯域幅が広くなります。

DisplayPort の規格は、新しいバージョンが登場し帯域幅が拡大されてきましたので対応最大帯域幅と規格のバージョンは関係しています。DisplayPort ケーブルの規格のバージョンが新しいほど対応最大帯域幅が大きいですが、上記に記載したとおり対応最大帯域幅が同じでも規格のバージョンが異なる場合があります。

最大帯域幅だけでは確認不足となりますので、規格のバージョンも確認して DisplayPort ケーブルを選ぶ必要があります。

DisplayPort ケーブルを選ぶなら対応最大解像度も確認する

対応最大帯域幅と対応最大解像度

DisplayPort ケーブルは映像データを伝送しますが、映像の解像度が大きいほど伝送する映像データ量が大きくなります。DisplayPort ケーブルは、映像データ信号の減衰と外部からのノイズの影響をどれだけ抑えられるかで伝送可能な映像データ量の大きさ、すなわち対応最大帯域幅が決まってきます。つまり、映像データ信号の減衰と外部からのノイズの影響を抑えられる DisplayPort ケーブルほど、対応する最大解像度を大きくできます。

基本的に対応最大帯域幅が同じ DisplayPort ケーブルであれば対応最大解像度も同じですが異なる場合があります。その理由は、DisplayPort ケーブルの対応最大解像度は、動作保証となる対応最大解像度だからです。

例えば、対応最大帯域幅が 21.6Gbps なら解像度 5K(5120×2880)まで対応できますが、それよりも低い解像度までしか対応していない、すなわち動作保証していない場合があります。

動画保証外となる解像度の映像データでも正常に伝送できるかどうかは実際にやってみないとわかりません。例えば、対応最大帯域幅が 21.6Gbps かつ対応最大解像度が 4K(3840×2160)の DisplayPort ケーブルを使って、解像度 5K(5120×2880)の映像データを正常に伝送できる可能性がありますができない可能性もあります。

そのため、 対応規格のバージョンと対応最大帯域幅だけでなく、対応最大解像度も確認して DisplayPort ケーブルを選ぶ方が良いです。

対応最大解像度が大きい DisplayPort ケーブルを選ぶ

対応最大解像度が伝送したい映像データの解像度以上である DisplayPort ケーブルを選ぶのはもちろんですが、できるだけ対応最大解像度が大きい DisplayPort ケーブルを選ぶ方が良いです。

将来さらに解像度が大きい映像データを伝送する必要性が生じるかもしれません。また、対応最大解像度が大きいということは品質が高い証拠です。

DisplayPort ケーブルは品質が低いほど映像データ信号の減衰が大きく外部からのノイズの影響を受けやすくなり、低品質な DisplayPort ケーブルは相性問題が発生するリスクが高いです。

DisplayPort ケーブルの相性問題とは、DisplayPort ケーブルとパソコンや液晶ディスプレイ等の機器との組み合わせによっては正常に伝送できなくなる問題のことです。

もし購入した DisplayPort ケーブルが正常に伝送できる条件を満たしており不良品でないのに正常に伝送できなければ、相性問題が発生した可能性が高く別の DisplayPort ケーブルを購入して試してみる必要があります。

対応最大解像度以上の解像度の映像データを伝送できる可能性はあるが

DisplayPort ケーブルは、対応最大解像度よりも大きい解像度の映像データを伝送できる場合があります。その理由は、対応最大解像度は動作保証となる対応最大解像度であり、それよりも大きい解像度の映像データを伝送できるほど品質が高い場合があるからです。

例えば、対応最大解像度が 2560×1600 の DisplayPort ケーブルは、4K(3840×2160)の映像データを正常に伝送できるほど品質が高い可能性があります。

だからと言って伝送したい映像データの解像度より小さい対応最大解像度の DisplayPort ケーブルを選ぶのは良くありません。もし対応最大解像度より大きい解像度の映像データを伝送できなくても動作保証外のため DisplayPort ケーブルの仕様通りとなります。

DisplayPort ケーブルの端子の選び方

DisplayPort ケーブルの端子には、通常サイズの DisplayPort 端子の他にミニ DisplayPort 端子もあります。両端子がミニ DisplayPort 端子となっている場合は、ミニ DisplayPort ケーブルとなります。

片方が DisplayPort 端子、もう片方がミニ DisplayPort 端子となっている場合は、ミニ DisplayPort 変換ケーブルとなります。接続する機器側の DisplayPort 端子とサイズが合わないと接続できませんので、合うように選ぶ必要があります。

例えば、以下のパソコンと液晶ディスプレイの組み合わせの場合、選ぶ必要がある DisplayPort ケーブルは以下のとおりです。

パソコン
(出力端子)
液晶ディスプレイ
(入力端子)
DisplayPort ケーブル
DisplayPort 端子 DisplayPort 端子 DisplayPort ケーブル
DisplayPort 端子 ミニ DisplayPort 端子 ミニ DisplayPort 変換ケーブル
ミニ DisplayPort 端子 DisplayPort 端子
ミニ DisplayPort 端子 ミニ DisplayPort 端子 ミニ DisplayPort ケーブル

DisplayPort ケーブルの長さの選び方

DisplayPort ケーブルには様々な長さがあり、1m未満の DisplayPort ケーブルや10m以上の DisplayPort ケーブル等があります。DisplayPort ケーブルで接続する機器同士の距離、DisplayPort ケーブルを通す場所を考慮し、必要になる長さを持つ DisplayPort ケーブルを選ぶ必要があります。

必要になる長さが変わる可能性を考慮し、長さには余裕を持たせて選びたいですが、DisplayPort ケーブルは長くなるほど伝送データの信号の減衰が大きくなり、外部ノイズの影響を受けやすくなります。その結果、相性問題が発生するリスクが高くなります。

そのため、長くても5m程度の DisplayPort ケーブルを選ぶ方が良いです。できるだけ短い DisplayPort ケーブルを選ぶと良いですが、DisplayPort ケーブルの長さが足りず届かない事にならないよう注意して選ぶ必要があります。

機器の設置状況や DisplayPort ケーブルを通す場所を考慮した結果、どうしても5mを超える DisplayPort ケーブルが必要なら、5mを超える DisplayPort ケーブルを選ぶしかありませんが、相性問題が発生するリスクが高くなる事を承知しておく必要があります。

2015年11月10日時点では、DisplayPort の規格上ではケーブルの長さは最大15mまでとなっていますが、それ以上長い DisplayPort ケーブルでは光ファイバーを採用する製品が見られます。15mを超える20mの光ファイバー非採用製品もありますが、20mを超えるとなると光ファイバー採用製品を選ぶしかありません。

光ファイバーなら伝送データの信号の減衰、外部ノイズの影響が小さくなり、相性問題が発生するリスクは小さくなりますが、価格が高くなります。


キャンペーン情報
富士通
・新生活応援セール
クーポン利用で15〜23%OFF等の10大特典
(2月28日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/B2 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/B2 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/B3 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で22%OFF
ESPRIMO WF1/B3 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で27%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WAA/B3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で24%OFF
LIFEBOOK WA3/B3、WA2/B3 icon (CPU:Core i7,Core i5選択時)がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力で25%OFF
(CPU:Core i3選択時)がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で25%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B3 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で28%OFF
LIFEBOOK WU2/B3 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で24%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(3月15日迄)

ケーブルの選び方



コラム - 周辺機器

コラム - インターフェース