ポイントの使い道を考えてPCを買うショップを選ぶ方が良い理由

最終更新日 2018年05月03日

なぜポイントの使い道を考えてパソコンを買うショップを選ぶ方が良いのか

商品を購入するとポイントが付与されるショップが多いです。一般的には購入価格が高いほど付与されるポイントが多く、高額なパソコンを買うとポイントが結構たまります。

ショップにて付与されるポイントに関する注意点と言えば、ポイントの有無、ポイントの付与条件等の違いによって生じる有利性の差ですが、ここではポイントの使い道についてです。

あくまでも架空の設定ですが、次のようなショップがあるとします。パソコン本体、PC パーツ、周辺機器を販売しており、購入価格の10%分のポイントが付与されます。ポイントはショップでのみ利用可能であり、ポイントの有効期限はポイント付与から1年後です。

Aさんはこのショップにて価格10万円のパソコンを購入し、1万円分のポイントが付与されました。後日に何か PC パーツか周辺機器を買いたくなったら付与されたポイントを利用しようと考えましたが、特に欲しい物がない状況が続きました。そのまま1年が経過し付与されたポイントの有効期限が過ぎ、1万円分のポイントを失効しました。

Aさんのようにポイントを失効してしまい悔しい経験をした人は少なくないと思います。ポイントを失効する前に何か買うとしても、特に必要がない物を無理に買ってしまってはポイントの有意義な使い方とは言い難いです。

このようにポイントを無駄にしてしまわないようにポイントが付与されるショップでパソコンを買う前に、自分にとってポイントの使い道があるのかどうか考えると良いです。ショップによっては他のショップで利用できるポイントへ交換できる場合があります。

ポイントの使い道がなさそうなら必ずしもショップを選び直す方が良いとは限りませんが、別のショップでの購入を検討してみると良いです。

ポイントが付与されるショップでのみポイントが利用可能な場合、そのショップにて後日購入しても良い商品が販売されておりポイントの使い道が見つかったとしても、その商品の価格も調べると良いです。価格は変動する可能性はありますが、理不尽と言いたくなるくらい価格が高い場合があります。

例えば、ポイントが付与されるショップにて自分が欲しいと思った周辺機器の価格が3,000円であり、他の多くのショップだと同じ周辺機器の価格が1,000円だとします。これではポイント利用せずに別のショップで買う方が良いと思ってしまいます。

ポイントが付与されるショップを検討した結果ポイントの使い道が見つからなかったとしても、そのショップでしか買えないパソコンであり、どうしても欲しければポイントの失効覚悟で購入するのもありです。

また、ポイントの失効を前提にしたとしても十分安く買える場合もあれば、付与されるポイントが小さければ失効したとしても気にするレベルではない場合もあります。

・付与されたポイントの使い道がないと失効してしまうリスクが高い


キャンペーン情報
富士通
・18周年誕生祭
クーポン利用で18〜23%OFF等の10大特典
(5月30日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/C1 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で23%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/C1 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で21%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/B3 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で27%OFF
ESPRIMO WF1/B3 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で30%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WAA/B3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で29%OFF
LIFEBOOK WA3/B3、WA2/B3 icon (CPU:Core i7,Core i5選択時)がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力で29%OFF
(CPU:Core i3選択時)がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で29%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B3 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で29%OFF
LIFEBOOK WU2/B3 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で27%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(6月12日迄)