クリエイター向けビデオカードの選び方 - PC パーツの選び方

最終更新日 2016年08月28日

メニュー項目一覧と概要

クリエイター向けビデオカードの特徴について記載しています。

動画編集や画像編集に向いたビデオカードですが、これらの編集作業を行うにあたって必ずしも必要になる訳ではありません。一般向けのビデオカードとの違いを把握し、自分の使用用途を考慮して選ぶか判断する必要があります。
クリエイター向けビデオカードに搭載されるビデオチップの選び方について記載しています。

クリエイター向けビデオカードは、ビデオチップが同じなら他の仕様は同じと言えるため、ビデオカードを選ぶ事はビデオチップを選ぶ事と言えます。
クリエイター向けビデオカードに搭載されるビデオメモリーを考慮した選び方について記載しています。

クリエイター向けビデオカードを選ぶという事はビデオチップを選ぶ事なので、ビデオメモリーの仕様に関しては、参考程度に見ておくで十分です。
クリエイター向けビデオカードのインターフェースを考慮した選び方について記載しています。

特に内部インターフェースは、パソコンにビデオカードを搭載可能か決まってくるため、よく確認して選ぶ必要があります。
クリエイター向けビデオカードの対応解像度を考慮した選び方について記載しています。

編集対象の動画や画像の解像度が高い場合は、特に対応する最大解像度が重要です。
クリエイター向けビデオカードが対応している API を考慮した選び方について記載しています。

使用するソフトウェアによっては、グラフィックス関連の高度な処理や高速処理を実現するために対応している API の種類が重要になってきます。


キャンペーン情報
ドスパラ
・パラダイスセール
SSD/HDD無料アップやメモリ倍増など特典目白押し
(3月1日迄)
ツクモ
・年に一度の本決算SALE
PC本体、PCパーツ、周辺機器お買い得品多数
(3月1日迄)
・旧モデル・型落ち品セール
新品・未開封!型落ち品を大幅値下げで販売中!
(セール実施中)
パソコン工房
・冬のクリアランスSALE
第8世代インテルCPU搭載パソコン、PCパーツ、周辺機器がお買い得
(2月27日迄)