輝度 - 液晶モニターの選び方

最終更新日 2015年10月26日

輝度とは

画面の最大の明るさを示す

輝度は、画面の最大の明るさを示します。単位は cd/u(カンデラ毎平方メートル)を用いて数値で表されます。

基本的に、液晶モニターの使用環境が明るいほど高い輝度が必要になります。使用環境の明るさの割りに輝度が低いと、画面が暗く見づらくなりますので、明るい環境で液晶モニターを使用するなら、輝度が高い液晶モニターを選ぶ方が良いです。

輝度の選び方

どの液晶モニターも輝度は十分すぎるほど高い

昔は、輝度を最大にしても暗いと感じる液晶モニターがありましたが、比較的新しい液晶モニターであれば、どの製品も十分すぎるほど輝度が高いです。最大輝度では目にきついですから、最大輝度より明るさを下げて使う必要があるほどです。

液晶モニターの使用環境や使用用途、さらに人によって必要な輝度の高さは異なりますが、一般的には 250 cd/u もあれば十分であり、250 cd/u でも目にきついと感じ、輝度を下げて使用する方が良いと言えるほどです。

たいていの液晶モニターは、輝度が 250 cd/u 以上ありますので、どの液晶モニターを選んでも十分な輝度の高さがあると言えます。

主に動画コンテンツの視聴に使用するなら高い輝度を

液晶モニターで、テレビ番組や DVD 映画等の動画コンテンツの視聴をよく行うのであれば、鮮明な画質を得られるよう輝度が高い液晶モニターを選ぶのがおすすめです。輝度が低いと、やや画面が暗い感じがして鮮明な画質が得られず、不満に感じる可能性が高くなります。

動画コンテンツを鮮明に視聴できるために必要な輝度は高く、インターネットやメール等、パソコンならではの使い方だと目にきつい程輝度を高くできる液晶モニターでも、動画コンテンツの視聴では最高輝度にしても、何か暗い感じがしてメリハリがない画質だと感じる可能性があります。

主にテレビ番組の視聴に使われる液晶テレビでは、500 cd/u 等の輝度が高い製品が多く、液晶モニターを選ぶ場合でも 500 cd/u 程度は欲しいところですが、液晶モニターでは液晶テレビが持つような高輝度を求めると選択肢がかなり狭まりますので、300 cd/u 以上を目安にして選ぶのがおすすめです。

画面から離れて見る時は高い輝度を

液晶モニターを、画面から離れた位置で見る場合は、輝度の高さが重要になってきます。特に液晶モニターにテレビ番組や DVD 映画等の動画コンテンツを映して離れて視聴する場合、輝度が高くないと綺麗に見えません。

画面から離れて見る事を前提として作られている液晶テレビでは、輝度は 500 cd/u 等と高輝度となっている製品が多い事からも、画面から離れて見るときは輝度の高さが重要である事がわかります。

液晶モニターは、液晶テレビほど高輝度な製品があまりありませんが、画面から離れて見る使い方もするのであれば、輝度を重視して選びたいです。最低でも 300 cd/u 以上は欲しいです。


キャンペーン情報
富士通
・納涼セール
クーポン利用で15〜23%OFF等の8大特典
(8月23日迄)
・シークレットクーポン
省スペース型デスクトップ
ESPRIMO WD2/B2 icon がクーポンコード「ODS106LSJ」入力で21%OFF
コンパクト型デスクトップ
ESPRIMO WD1/B2 icon がクーポンコード「QUD810LSJ」入力で18%OFF
一体型デスクトップ
ESPRIMO WF2/B2 icon がクーポンコード「FRU302LSJ」入力で22%OFF
ESPRIMO WF1/B1 icon がクーポンコード「FBR123LSJ」入力で29%OFF
据え置きノート
LIFEBOOK WA1/A3 icon がクーポンコード「OAU924LSJ」入力で26%OFF
LIFEBOOK WA1/B2 icon がクーポンコード「ALV515LSJ」入力で23%OFF
LIFEBOOK WA2/B2 icon (タッチ非対応選択時)がクーポンコード「DAG217LSJ」入力で23%OFF
LIFEBOOK WA3/B1 icon (タッチ対応選択時)がクーポンコード「UAZ217LSJ」入力で29%OFF
モバイルノート
LIFEBOOK WS1/B1 icon がクーポンコード「PGG25LSJ」入力で29%OFF
LIFEBOOK WU2/B1 icon がクーポンコード「GRM117LSJ」入力で26%OFF
(※)購入画面で上記のクーポンコードを入力すると特別割引が適用されます
(9月6日迄)

液晶モニターの選び方