連続通話時間と連続待受時間 - スマートフォンの選び方

最終更新日 2016年02月17日

連続通話時間と連続待受時間とは

連続通話時間とは、スマートフォンのバッテリーを充電完了した状態からバッテリーの残量が無くなるまで、バッテリー動作で通話し続けられる時間です。

連続待受時間とは、スマートフォンのバッテリーを充電完了した状態からバッテリーの残量が無くなるまで、バッテリー動作で着信を待ち受け続けられる時間です。

実際に使用すると、仕様上の連続通話時間と連続待受時間よりも短い

仕様に記載されている連続通話時間と連続待受時間は、スマートフォンのメーカー、スマートフォンを販売するキャリアや MVNO 等が測定したものですが、実際にスマートフォンを使用した場合の連続通話時間と連続待受時間とは差が出てきます。

実際にスマートフォンを使用すると、基地局との距離が遠い、移動のため接続する基地局の切り替えが発生する、気温が低い等の要因によってバッテリー消費量が大きくなる事がありますので、仕様上の連続通話時間と連続待受時間よりも短くなります。

また、スマートフォンの使い方によりますが、インターネットにアクセスして定期的なデータのやり取りが発生したり、ユーザーの見えないところでアプリケーションが動作すると、バッテリー消費量が大きくなり、仕様上の連続通話時間と連続待受時間よりも短くなります。

そのため、実際にスマートフォンを使用した場合の連続通話時間と連続待受時間は、仕様上の連続通話時間と連続待受時間からは判断できず、実際に使ってみるまで分かりません。また、スマートフォンの使用環境や使い方によって、実際の連続通話時間と連続待受時間は変わってきます。

連続通話時間と連続待受時間の比較

スマートフォンを選ぶ際は、なるべくバッテリー駆動時間が長いモデルを選びたいところです。連続通話時間と連続待受時間を比較すれば、どのモデルがバッテリー駆動時間が長いか分かりそうですが、比較した結果、連続通話時間と連続待受時間が長い方のモデルが、バッテリー駆動時間が長いとは限りません。

連続通話時間と連続待受時間は、スマートフォンのメーカー、スマートフォンを販売するキャリアや MVNO 等が測定して公表していますが、測定方法は統一されておらず各社バラバラです。

そのため、複数のモデルを比較した場合、仕様上における連続通話時間と連続待受時間の優劣が、実際に使用した場合の連続通話時間と連続待受時間の優劣と、一致するとは限りません。

また、スマートフォンは通話や着信の待ち受けに限らず、メールやウェブサイトの閲覧、ナビゲーション、動画や画像、音楽コンテンツの利用、ゲームのプレイ、他の機器との連携等、様々な用途で使用できますが、各用途のバッテリー消費量はモデルによって異なります。

仮に、複数のモデルを比較した場合、仕様上における連続通話時間と連続待受時間の優劣が、実際に使用した場合の連続通話時間と連続待受時間の優劣が一致したとしても、通話や着信の待ち受け以外の用途でも使えば、仕様上における連続通話時間と連続待受時間の優劣が、バッテリー駆動時間の優劣と、一致するとは限りません。

そのため、仕様上の連続通話時間と連続待受時間が長い方が、バッテリー駆動時間が長いと判断しない方が良いです。