携帯電話の充電器の先端を口に入れると感電する?

最終更新日 2020年03月12日

携帯電話の充電器の先端を口に入れると感電するのか

携帯電話の充電器の先端を口に入れてしまった子供が感電したという情報が、ツイッター上で見られました。

このような行為をすると本当に感電してしまうのか何となく疑わしく、実際にやってみれば話が早いですが、危険な気もします。

この感電について解説等を行っている記事を見てみます。

携帯の充電器で感電し、子供が大怪我をする?! | 工業系エンジニアライター 石川玲子 公式サイト には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2018年2月13日)
2018年現在、
携帯の充電として一般的なのは、USBと同じ5Vの電源である。
大きめのボタン電池やより少し高い程度の電圧だ。
通常の場合、これが口の中に流れるとどうなるか?
答えは「辛いように感じる」程度である。
誤飲をすると非常に危険な行為であるため、全くもって推奨できないが
子供時代の悪ふざけなどで、電池を舐めたことがある人もいるだろう。
あの時のピリっとした感じだ。
(安全に確かめたい場合は、電池から導線を引いて舌に当ててください)
長時間触れていれば、当然影響は出るが
舐めた、かじったの短時間でツイートにあるような症状が出るとは考えにくい。
「ツイートにあるような症状」とは、「携帯の充電器の先端口に入れちゃった子が感電して口の中から顔までぐちゃぐちゃになって救急に来た」です。携帯電話の充電器の先端を口に入れてしまっても、深刻な感電負傷になることはないようです。

コンセントに差した携帯充電器を子どもが口に入れたら感電? その危険性とは | オトナンサー には、「携帯電話の充電器の端子を口に入れると感電するのでしょうか。」という問いに対する回答が、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2018年4月6日)
小熊さん「実際の事故の状況や内容については、情報がないと正しく判断できないので、特定の事例に関するコメントは控えます。ただし、現在の携帯電話用の充電器では、携帯電話側に出力される電圧はDC5〜12V程度であり、それだけで人体に大きな影響を与えるものではありません。

ただし、その充電器が家庭用ACコンセントにつないで使用するタイプの場合、いくつかの注意点があります。このタイプの充電器の場合、ACコンセントからの電力を元にして、携帯電話用に出力するDC電力を生成しています。通常の製品では、AC電源回路とDC電源回路は電気的に分離されており、携帯電話へのDC電力出力時にはAC電源回路からの電流は回り込まないように設計されているはずです。

しかし、充電用に使用しているケーブルにおいて、中に入っている電線部を保護しているはずの被覆に傷が入っている場合▽充電端子のコネクタを曲げてしまうなどして、中の電線や部材が外から見える状態の場合▽電源部のアース処理が正しく行われていないなど、安全設計が十分になされていない充電器の場合などに、AC電源回路からの電流が充電器本体またはコネクタ、被覆の傷から表に出た電線などを通して人に触れる状態になってしまうことが考えられます」
「小熊さん」とは、大手携帯キャリアや家電メーカーで作るモバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)の小熊堅司さん(技術委員長)です。

基本的に携帯電話の充電器の先端を口に入れても負傷してしまうほど感電しませんが、充電器に問題があると危険と言えるほどの感電事故が起きる恐れがあるようです。

ツイッターで情報発信された感電事故の場合では、何らかの問題がある充電器が使われたのかもしれません。

携帯電話の充電器に限りませんが、絶対に安全というものはありませんので、小さい子供が充電器の先端を誤って口に入れてしまわないように、子供の手が届かない場所に充電器を置いておくと良いです。


キャンペーン情報
富士通
・期末決算セール
クーポン利用で22〜27%OFF等の11大特典
(9月22日迄)
シークレットクーポン
特別割引のクーポン
(10月5日迄)