記憶媒体とは?

最終更新日 2019年10月11日

記憶媒体とは何か

記憶媒体 - 意味・説明・解説 : ASCII.jpデジタル用語辞典 には、記憶媒体について、以下のとおり書かれています。
データを記憶させるための媒体。記憶メディアや記録メディアとも呼ばれる。磁気的、光学的にデータを書き込むものが多く、前者はフロッピーディスク、後者はCD-ROMやMOディスクがある。
記憶媒体(きおくばいたい)の意味 - goo国語辞書 には、記憶媒体について、以下のとおり書かれています。
情報を記憶することのできる物体。ハードディスク、メモリーカード、光ディスクなど。記憶メディア。
か行|用語辞典|国民のための情報セキュリティサイト には、記憶媒体について、以下のとおり書かれています。
コンピュータで作成したデータを保存しておくもの。
記憶メディアや記録メディア、または単にメディアと呼ばれることもあります。現在のコンピュータで利用されている記憶媒体には、ハードディスク、CD-R、USBメモリなどがあります。
以上いろいろな記事を見てきましたが、記憶媒体とはデータを記憶できる物を指すようです。

例えば、HDD、フロッピーディスク、CD-R 等の光ディスクメディア、フラッシュメモリーを採用しているメモリーカードや USB メモリーが、記憶媒体であるようです。


キャンペーン情報
富士通
・スプリングセール
クーポン利用で18〜24%OFF等の11大特典
(4月21日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(5月12日迄)

記憶媒体



デル株式会社