半導体ディスク(シリコンディスク)とは?

最終更新日 2019年10月11日

半導体ディスク(シリコンディスク)とは何か

シリコンディスク - 意味・説明・解説 : ASCII.jpデジタル用語辞典 には、半導体ディスク(シリコンディスク)について、以下のとおり書かれています。
外部記憶装置のひとつで、メモリーを大量に利用して、ハードディスクと同等の機能を実現する。半導体ディスク装置とも呼ぶ。
同記事のさらなる解説によると、フラッシュメモリーを採用した半導体ディスク(シリコンディスク)が普及しており、ハードディスクと比べるとデータアクセス速度が速い、機械的動作がないので衝撃に強い、小型・軽量・省電力で携帯性に優れているメリットがあるそうで、書き込み回数に制限がある、容量単価が高いデメリットがあるそうです。

フラッシュメモリーを採用した半導体ディスク(シリコンディスク)には、主にメモリーカード、USB メモリー、SSD があるそうです。

半導体ディスク(はんどうたいディスク)の意味 - goo国語辞書 には、半導体ディスク(シリコンディスク)について、以下のとおり書かれています。
コンピューターの記憶装置のうち、半導体メモリーを用いたものの総称。
同記事のさらなる解説によると、半導体ディスク(シリコンディスク)ではフラッシュメモリーを用いる SSD が普及しており、SSD に限らず半導体ディスク(シリコンディスク)は円盤状の構造を持ちませんが、ハードディスクと同様の機能を提供するので名称にディスクが含まれるそうです。

シリコンディスク | メモリ | IT用語辞典 | 日立ソリューションズ には、以下のとおり書かれています。
シリコンディスク(Silicon Disc)はソリッドステートドライブ(solid state drive)のことで、記憶装置として半導体素子メモリを用いた、ストレージとして扱うことのできる機器である。シリコンディスクは使用するメモリの種類でRAMディスクや、フラッシュメモリを使うFlash SSDなどがある。
同記事のさらなる解説によると、半導体ディスク(シリコンディスク)は HDD と違ってシークタイムがないのでランダムアクセス速度に優れている、物理的な稼動箇所がないので省電力で静か、さらには振動や衝撃に強いメリットがあるそうです。

メリットだけではなく、HDD と比べると容量あたりの価格が高い、データ書き換え時にトンネル酸化膜が劣化するのでデータ書き込み回数が非常に多くなる用途に使うと HDD より寿命が短くなる場合があるデメリットがあるそうです。


キャンペーン情報
富士通
・スプリングセール
クーポン利用で18〜24%OFF等の11大特典
(4月21日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(5月12日迄)