アプリのBluetooth対応が進まなかった理由とは?

最終更新日 2021年04月11日

アプリのBluetooth対応が進まなかった理由とは何か

BlackBerryで使うBluetoothを理解する(2ページ目) | 日経クロステック(xTECH) には、アプリケーションのBluetooth対応が進まなかった理由について、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2010/12/17)
 Windows Vista以前、BluetoothはWindowsには含まれておらず、サードパーティが開発したBluetoothスタックが標準的に使われていました。このBluetoothスタックは、基本的には、Bluetoothアダプターなどのハードウエアとセットになっていたため、市場には複数のスタックが存在していました。また、それぞれが独自に開発したBluetoothスタックであるため、アプリケーション側との接続を行うAPIもそれぞれ独自なものでした。
Bluetoothスタックが統一されておらず様々なBluetoothスタックが存在しており、各Bluetoothスタックに対応するようにアプリケーションを開発するのが難しかったので、アプリケーションのBluetooth対応が進まなかったようです。

Bluetoothスタックとは、簡単に言うとBluetoothを利用するのに必要な様々なソフトウェアが含まれているものです。

Bluetoothスタックには、Bluetoothアダプターのデバイスドライバー、デバイスドライバー上で動作するBluetooth管理ソフトウエア、プロファイル等が含まれています。

Windows VistaではBluetoothスタックが標準搭載されるようになり、アプリケーションはWindowsのBluetoothスタックに対応すればよくなったので、アプリケーションのBluetooth対応が進んでいます。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
夏のボーナスセール
期間限定で大幅値引き!最大50,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(6月23日迄)
DELL
・お客様感謝セール
即納パソコンがクーポンで最大23%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・先取りボーナスセール
BTOパソコン、PCパーツ・周辺機器をセール価格でご提供
(6月22日迄)

Bluetoothアプリ



デル株式会社