コプロセッサーとは?

最終更新日 2019年10月11日

コプロセッサーとは何か

コプロセッサー - 意味・説明・解説 : ASCII.jpデジタル用語辞典 には、コプロセッサーについて、以下のとおり書かれています。(この記事の更新年月日は2010年4月16日)
CPUの処理の補助や代行をする集積回路のこと。副処理装置ともいう。特定の処理をCPUに代わって実行することで、コンピューター全体の処理速度が向上する。浮動小数点演算を専門に処理する数値演算プロセッサー(FPU)や暗号化専用のセキュリティー・コプロセッサーなどがある。
co-processor(コプロセッサー)の意味 - goo国語辞書 には、コプロセッサーについて、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
マイクロプロセッサーの機能強化を目的とする補助プロセッサーのこと。浮動小数点演算を行うFPUなどがある。副処理装置。補助処理装置。
コプロセッサ | 設計/構造 | IT用語辞典 | 日立ソリューションズ には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
コプロセッサ(co-processor)とは、電子計算機システムにおいて、CPUの補助を行い、計算機の性能を向上するのに寄与することを目的とした装置で、コ・プロセッサと表記される場合もある。コプロセッサは副処理装置のことでもあり、FPUやNDPなどの数値演算処理装置が、初期にもっとも発展した。
プロセッサー、CPU、マイクロプロセッサーという用語が出てくるので整理します。

コンピューターは、基本的に演算装置、制御装置、記憶装置、入力装置、出力装置に分けることができますが、演算装置をプロセッサーと呼ぶことがあります。

演算装置と制御装置が一体になった装置を、中央処理演算装置や CPU(Central Processing Unit)と呼びます。CPU を IC(集積回路)に集めたものを、マイクロプロセッサーと呼びます。

今ではパソコン等のコンピューターにはマイクロプロセッサーが普及しており、マイクロプロセッサーのことを CPU と呼んだり、単にプロセッサーと呼ぶことも多いです。以降では、マイクロプロセッサーと呼ぶことにします。

マイクロプロセッサー内部には FPU(Floating Point Unit)等、特定の処理を行う装置があり、このようなマイクロプロセッサーが実行する処理の補助または代行する役割を担う装置には様々な呼び方があるようですが、その呼び方の一つにコプロセッサーがあるようです。


キャンペーン情報
富士通
・スプリングセール
クーポン利用で18〜24%OFF等の11大特典
(4月21日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(5月12日迄)