FPU(Floating Point Unit)とは?

最終更新日 2019年10月11日

FPU(Floating Point Unit)とは何か

FPU - 意味・説明・解説 : ASCII.jpデジタル用語辞典 には、FPU(Floating Point Unit)について、以下のとおり書かれています。(この記事の更新年月日は2008年4月16日)
浮動小数点演算を高速に処理するための専用のプロセッサー。浮動小数点演算装置とも呼ぶ。
浮動小数点演算とは、例えば 1.234×10の3乗 のように仮数部 1.234 と指数部 10の3乗 に分けて扱い演算することです。

FPU(Floating Point Unit)とは、浮動小数点演算専用のプロセッサーのようです。

プロセッサーは CPU を指すことが多いですが、CPU に限らず様々な種類の演算装置の総称を意味することもあります。

プロセッサーが後者を意味する場合は、FPU(Floating Point Unit)はプロセッサーの一種となり、同記事のように FPU(Floating Point Unit)は浮動小数点演算専用のプロセッサーと言えます。


キャンペーン情報
富士通
・スプリングセール
クーポン利用で18〜24%OFF等の11大特典
(4月21日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(5月12日迄)