機械語(マシン語)とは?

最終更新日 2019年10月11日

機械語(マシン語)とは何か

機械語 - 意味・説明・解説 : ASCII.jpデジタル用語辞典 には、機械語について、以下のとおり書かれています。(この記事の更新年月日は2010年4月16日)
CPUが直接理解、実行できる言語のこと。マシン語ともいう。機械語は、0と1の羅列で表現されるため、人間には理解しにくい。
同記事のさらなる解説によると、機械語でのプログラミングは、機械語の命令と一対一となったアセンブリ言語を使うそうです。

プログラミング言語:機械語 | 東芝デバイス&ストレージ株式会社 | 日本 には、機械語について、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
マイコンは電気的信号によって動作します。
信号のHighとLow、つまり1と0の2進数で組み合わされた言語が機械語(マシン語)で、マイコンが唯一理解できる言語です。
マイコンとはマイクロコンピュータの略であり、マイクロコンピュータとはマイクロプロセッサを搭載するコンピューターです。

コンピューターは、基本的に演算装置、制御装置、記憶装置、入力装置、出力装置、これら5つの装置に分けることができます。

演算装置と制御装置が一体となった装置は、中央演算処理装置や CPU(Central Processing Unit)と呼びます。

CPU を LSI(大規模集積回路)に集めたものを、マイクロプロセッサや MPU(Micro Processing Unit)と呼びます。

【5分で覚えるIT基礎の基礎】コンピュータの仕組み---第4回 マシン語とアセンブラ | 日経 xTECH(クロステック) には、マシン語を16進数の数値の羅列で見た様子が掲載されています。(この記事の公開年月日は2002年5月23日)

16進数の数値で見た機械語(マシン語)
16進数の数値で見た機械語(マシン語)

0と1の羅列になっていませんが、2進数ではなく16進数で表示されているためです。16進数の数値を、2進数に変換すれば0と1の羅列となります。

例えば、最初の 4D を2進数に変換すると、01001101 になります。

CPU は0と1の羅列を読み、どのような処理を行うように書かれているのか解釈し、処理を実行します。


キャンペーン情報
富士通
・大ボーナスセール
クーポン利用で16〜24%OFF等の11大特典
(12月1日迄)
シークレットクーポン
特別割引のクーポン
(1月12日迄)

プロセッサーとプログラム



デル株式会社