CPUグリスのポンピング現象とは?

最終更新日 2019年10月11日

CPUグリスのポンピング現象とは何か

Arctic ARCTICCOOLING MX-2/30g 高性能メタルフリーシリコングリス 30g入り - 製品詳細 | パソコンSHOPアーク(ark) には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
また、高温と常温をくり返すことでグリースが流れ出てしまうポンピング現象に強く、長く塗布面に残ります。
今週見つけた主な新製品(2009年11月21日) には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2009年11月21日)
 オイル部が接触面から押し出されるポンピング現象に強く、「グリスが塗布面に長く残る」(パッケージ)のがウリ。
パワーデポ探検隊-八戸店 : CPUグリスの塗り直しは必要? には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2010年7月26日)
CPUクーラーを外したら、グリスが消えた様に無くなってた

(略)

これはポンピングという現象で、CPUが高温と常温を繰り返す事でグリスが流れ出てしまうのです。
パソコンを使うとCPUは発熱して高温となり、パソコンを使わない時はCPUの温度は常温となりますが、CPUが高温と常温を繰り返すことによってCPUグリスが流れ出てしまうことがあり、この現象をポンピングと呼ぶようです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
冬のボーナスセール icon
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(11月20日迄)
DELL
・PRE-BLACK FRIDAYセール
Office付き秋の感謝モデルほか、デスクトップ製品がクーポンで最大18%Off
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・最大20%還元 冬のボーナスセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(11月28日迄)
パソコン工房
・Windows 10乗り換え応援セール×総額3億円分早い者勝ち!
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(11月26日迄)