CPUグリス除去のために溶かすには何を使えば良い?

最終更新日 2019年10月11日

CPUグリス除去のために溶かすには何を使えば良いのか

自作PCをよくするワザ、教えます(10) 〜工具・小物編〜 - AKIBA PC Hotline! には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2014年11月25日)
 カチカチになったシリコングリスを落とすのはなかなかやっかい。

 そんなときは100円ショップで売られている有機溶剤の剥離剤や上で紹介した無水エタノールを使うことで簡単に落とせる。また、専用のクリーナーが発売されているので、そちらを使う方法もある。
シリコングリスはCPUグリスの一種であり他の種類だと違うものを使う方が良いのかもしれませんが、とりあえずシリコングリスであれば有機溶剤の剥離剤、無水エタノール、CPUグリスを除去する専用のクリーナーこれらの中からどれかを選んで使うと良いようです。

便利な小物&工具カタログ - AKIBA PC Hotline! には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2016年3月24日)
グリスクリーナーがない!という場合は、一般的に油脂分の洗浄に用いられる灯油や、それに近いライターオイルなどでも除去は可能。ただししっかりと拭き取ること

(略)

CPUグリスの除去には専用のグリスクリーナーを用いるのが確実。
灯油や灯油に近いライターオイル等を使えば良いようですが、グリスクリーナーを使うのがベストのようです。

CPUに付いている古いグリスの落とし方〜エタノールは間違いだった! | 創造の館 には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2017年6月11日)
 CPUグリスの基油はシリコンオイル。灯油とIPAには溶けるが、エタノールには全く溶けない。

 無水エタノールでグリスを拭くのは、水で油を拭くイメージに近い。ただ、多少の洗浄効果はあるので、まったく使えないわけではない。
IPAとはイソプロピルアルコールのことです。IPAと無水エタノールは同じアルコールですが、両者の性質は違っており無水エタノールを使う方法は適していないようです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
冬のボーナスセール
期間限定で大幅値引き!最大70,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(12月8日迄)
DELL
・BLACK FRIDAY
おすすめデスクトップPCがクーポンで最大22%OFF
(11月29日迄)
パソコン工房
・ボーナスセール
人気商品が多数値引き、最大30,000円OFF!
(12月7日迄)