CPUグリスは慣らし運転が必要?

最終更新日 2019年12月15日

CPUグリスは慣らし運転が必要なのか

AS-05 | Ainex には、Ainex(アイネックス)のCPUグリス「AS-05」の特徴等が掲載されており、慣らし運転について以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
最高の性能を発揮するには最大200時間ほどかかります。クロックアップなどの最大発熱を行う前に慣らし運転をしてください。
ドライアウトに強いナノアルミニウム含有のハイエンドサーマルグリス - ツクモネットショップblog には、Scythe(サイズ)のCPUグリス「PK-2/PK-3」の商品特長等が掲載されており、慣らし運転について以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2013年1月11日)
これにより、低ドライアウト(乾燥による消失が少ない)、慣らし不要といった特性を獲得しています。
サイズオリジナルの熱伝導グリスが単体販売 - AKIBA PC Hotline! では、Scythe(サイズ)のCPUグリス「Thermal Elixer2(SCTE-2000)」を紹介しており、慣らし運転について以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2016年3月27日)
また、慣らし不要ですぐに性能を発揮するとしている。
幾つかのCPUグリスの慣らし運転について見てきましたが、慣らし運転が必要なCPUグリスもあれば、慣らし運転が不要なCPUグリスもあるようです。仕様等に慣らし運転について書かれていないCPUグリスも見られます。

慣らし運転が必要なCPUグリスでは、慣らし運転する前と慣らし運転を行った後で、どれくらい性能に差が出てくるのか気になるところです。

CPUグリスの性能を比較し検証する記事は、ウェブサイトやパソコン雑誌等で見られますが、慣らし運転について触れていた検証があったとは記憶にありません。

慣らし運転が必要なCPUグリスに対しては、慣らし運転を行った後に性能を測定したのかもしれませんが、そのようなことはしておらず、かつ慣らし運転の有無で無視できないほど性能に差が出るとなると、CPUグリスの性能を比較し検証する記事を参考にする際は、慣らし運転をした後はもっと性能が高い可能性があるかもしれないと思っておく必要があります。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
秋の感謝セール
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(9月29日迄)
DELL
・半期に一度の大感謝祭
即納パソコンがクーポンで最大23%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・半期決算セール
半年に一度のお得なチャンス最大30,000円OFF!
(9月30日迄)

CPUグリスと慣らし運転



デル株式会社