インテルとAMDではTDPの定義が違うので比較できない?

最終更新日 2019年10月11日

インテルと AMD では TDP の定義が違うので比較できないのか

はじめに結論を書きますが、インテルと AMD では TDP の定義が違いますので比較できません。全く比較できないわけではなく、大まかに比較はできます。

TDP が大幅に違う場合、例えばインテルの CPU が TDP 100W、AMD の CPU が TDP 200W なら間違いなく AMD の CPU の方が発熱量と消費電力が大きいと考えられます。

インテルの CPU が TDP 80W、AMD の CPU が TDP 90W なら、どちらの方が発熱量と消費電力が大きいのかわからなくなってきます。どれくらい TDP に差があったら、発熱量と消費電力が大きいと判断できるのか、その基準を決めることは難しいです。

TDP が同じでも Intel と AMD ではずいぶんと基準が違うのか

基本の基本 まずはCPUを静音化 1/4 - DOS/V POWER REPORT | Impress Japan には、以下のとおり書かれています。(この記事は2008年9月号の記事)
 また、TDPが同じでもIntelとAMDではずいぶんと基準が違う。現行製品ではAMDのほうがTDPの数値から受ける印象よりも、実際の消費電力/発熱は高い傾向がある。
同記事のさらなる説明によると、特にクアッドコアの Phenom X4、トリプルコアの Phenom X3 は TDP の印象よりも消費電力が高く TDP の5割増くらいになる等、TDP と比べて消費電力や発熱は何割増しくらいなのか製品によって違うようです。

例えば AMD の TDP を1.5倍にすればインテルの TDP と同じくらいの基準になる、このようなことができれば比較できますが、上記の理由によりできないようです。

インテルと AMD では TDP の定義が違うのか

ASCII.jp:いまさら聞けないIT用語集 TDPってなに? 消費電力じゃないの? (1/3)|ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情 には、TDP の歴史について書かれています。(この記事の公開年月日は2018年8月13日)

この記事が公開された時点における最近について、結論だけ見ると以下のとおりです。
 さて、3つ目の質問であるがインテルとAMDではTDPの定義が違うのか? であるが、これはその通り、という答えになる。

(略)

 以上のことから、インテルとAMDのTDPの間には、依然としてギャップがある(AMDの方が数字が高め)、ということは念頭に置いておいたほうがいいだろう。
インテルと AMD では TDP の定義が違うので、TDP から発熱や消費電力を比較することはできず、例えばインテルの CPU と AMD の CPU それぞれの TDP が同じでも発熱や消費電力に違いがあるようです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
期間限定セール icon
期間限定で大幅値引き!最大50,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(10月23日迄)
DELL
・スポーツの秋セール
デスクトップがクーポンで最大18%Off、最新の第10世代インテルCoreプロセッサー搭載モデルも
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・最大5万円分ポイントバック 大還元祭
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・感謝還元SALE
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(10月29日迄)