AutoCADはOpenGLからDirectXに対応すると変わった?

最終更新日 2019年10月11日

AutoCAD は OpenGL から DirectX に対応すると変わったのか

APIs, GPUs, and drivers: CAD graphical conspiracy? - GrabCAD Blog には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2016年2月14日)
In 2010, Autodesk abandoned OpenGL and embraced DirectX. And now you know why AutoCAD works well with the consumer level cards.
2010年に Autodesk は OpenGL を捨て DirectX を取り入れたそうです。これにより、AutoCAD はコンシューマー向けグラフィックカードと共にうまく動作するようになったようです。

Quadro worth: How/where performance can be seen? | NotebookReview には、以下のとおり書かれています。(このコメントの投稿年月日は2016年7月5日)
Autocad is basically a processor hungry application. On the graphics side, it used to be openGL in the past but now it is almost entirely directx based.
AutoCAD は、以前は OpenGL ベースでしたが、現在はほぼ完全に DirectX ベースだそうです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
初夏セール icon
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(6月3日迄)
DELL
・期間限定<新生活応援モデル>
今ならオンラインクーポンで最大20%OFF
(6月1日迄)
ドスパラ
・先取りサマーセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(6月11日迄)
パソコン工房
・新旧大放出セール
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(6月9日迄)