ビデオチップ

最終更新日 2022年04月01日

ビデオチップとは

基礎

ビデオチップとはコンピューターの画面表示の処理を担うLSIチップです。グラフィックスチップ、グラフィックスコントローラー、描画チップと呼ぶ場合もあります。

LSIチップ

LSIとは大規模集積回路です。集積回路(IC)には複数の種類があり、LSIは集積回路の一種です。厳密な定義がありませんが、一般的に素子数が1000以上だとLSIです。素子数が100万以上だとVLSI(超大規模集積回路)等、さらに素子数が増えると別の種類が出てきます。素子数が1000以上の集積回路の総称としてLSIを使用する場合があります。チップとは集積回路(IC)を埋め込んだ小さな半導体の板です。チップをICチップと呼ぶ場合もあります。

ビデオチップの役割の変遷

CPUが描画処理を行い、その処理結果の描画データをビデオチップが受け取り、グラフィックスメモリーへ転送する役割を担ってきました。CPUが担ってきた描画処理もビデオチップが担うようになりました。昔はデジタルの描画データを出力するためにアナログ信号へ変換するチップがビデオチップとは別でしたが、今ではビデオチップに統合しています。

GPU

CPUが担ってきた描画処理をビデオチップが担うようになってからも、CPUが担う描画処理が残りました。ビデオチップが描画処理全般を担うようになってから、ビデオチップをCPU(Central Processing Unit)になぞらえてGPU(Graphics Processing Unit)と呼ぶようになりました。それからビデオチップは描画処理全般を担うチップを意味するようになりました。GPUという用語が出てきてからもビデオチップという用語が見られますが、ビデオチップではなくGPUという用語が使用する場合が多いです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
夏の感謝セール
最大88,000円OFF!!
(8月17日迄)
DELL
・クーポンで人気のパソコン・モニターがお買い得
おすすめパソコンがクーポンで最大22%OFF、ビジネス向けパソコンは最大49%OFF。モニターも最大25%OFF。
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・大ボーナスSALE
ゲーム・クリエイターPCがお得!PCパーツや中古商品も充実
(8月9日迄)