ブルーライトカットフィルムを導入する価値はある?

最終更新日 2019年10月11日

スマートフォンにブルーライトカットフィルムを導入する価値はあるのか

iPhoneのブルーライトを90%カットするという驚きの液晶フィルムが登場! - 週刊アスキー では、iPhone用のブルーライトカットフィルム「RetinaGuard」を紹介しています。(この記事の公開年月日は2014年2月10日)

「RetinaGuard」に問題はなかったようですが、気になる点を見てみます。
 フィルムが貼られることでジェスチャー操作時に反応が悪くなるかもと心配しましたが、スワイプやピンチイン/アウト、スクロールなどのジェスチャーにしっかり反応してくれました。また、ホームボタン用に穴が空いているので、5sに搭載されているTouch ID機能も利用できます。
スマートフォンにブルーライトカットフィルムを貼ると、タッチパネルの反応に問題が出てくる可能性があるようですが、「RetinaGuard」に関しては問題なかったようです。

「RetinaGuard」以外のブルーライトカットフィルムのレビュー等を調べてみると、タッチパネルの反応が悪くなったという評価が見られますので、ブルーライトカットフィルムを選ぶ際はタッチパネルの反応について調べる必要がありそうです。悪評価が目立つなら、選ばない方が良いです。

同記事が公開された時点ではなかったかもしれませんが、 iPhone、iPad、iPod touch で Night Shift を使う - Apple サポート によると、Night Shiftと呼ぶ機能を利用すればブルーライトをカットできるそうです。(この記事の公開年月日は2019年6月5日)

この機能よりもブルーライトカットフィルムに優れた点があれば導入する価値はありますが、Night Shiftを利用すれば十分だと思います。

先のブルーライトカットフィルム「RetinaGuard」は、ブルーライトを90%カットできるそうです。90%カットの詳細は不明ですが、もしNight Shiftを利用するよりもブルーライトをカットできるなら導入する価値があると思います。

しかし、ブルーライトをカットするほど黄色っぽくなるデメリットがありますが、例えば動画や画像を鑑賞する時はブルーライトをカットできなくても良いので黄色っぽくならないようにしたい場合、ブルーライトカットフィルムだと剥がす必要が出てきますので、OSのブルーライトカット機能やアプリケーションを利用する方が良いと考えられます。

Androidに関しても同様であり、OSにあるブルーライトカット機能を利用する、その機能がないならブルーライトをカットできるアプリケーションを利用する方法よりもブルーライトカットフィルムの方に優れている点があれば導入する価値があると思います。

ちなみに、先の「RetinaGuard」を紹介している記事によると、画面への影響は大きくはなく主に白い色を表示させる場合でも気にならなかったそうです。カメラで撮影した画像が黄色っぽくなることもなかったそうです。他のブルーライトカットフィルムについても確認が必要ですが、黄色っぽくなるデメリットはほぼないと言えるのかもしれません。

ノートパソコンにブルーライトカットフィルムを導入する価値はあるのか

【やじうまミニレビュー】ブルーライトカットの液晶保護フィルムは意味があるのか? - PC Watch では、ノートパソコン用ブルーライトカットフィルム「EF-FL116WBL」を紹介しています。(この記事の公開年月日は2016年8月4日)

「EF-FL116WBL」はアンチグレア処理されているので、グレア(光沢)液晶であればノングレア(非光沢)液晶にすることができるそうです。「EF-FL116WBL」は、指紋や傷がつきにくい仕様となっているそうです。これらのメリットは通常の液晶保護フィルムにもありますので、ブルーライトカットフィルム特有のメリットではありません。

ブルーライトカットに関する効果が重要ですが、そのことについて以下のとおり書かれています。
 さて実際の効果だが、写真を見ていただきたい。いずれの写真もカメラの色温度を4,500Kに統一してある……のだが、ご覧の通り、拍子抜けするほどはっきりとした違いはなかった。ブルーライトを42%削減すると書いてあったので期待したのだが、バックライトの青みがよほど強いのか、効果を感じられなかった。

(略)

製品名に反してブルーライト削減はあくまでもオマケ程度だが、近年のノートPCは色温度も下がってきている気がするので、大した問題にならないかもしれない。
「EF-FL116WBL」の効果を試すために使われたノートパソコンでは、効果を感じられない原因があった可能性があったようです。他のノートパソコンでは試していないようです。

色温度が高いほどブルーライトが多く、色温度を下げればブルーライトをカットできますが、同記事によるとノートパソコンの液晶ディスプレイの色温度は下がってきているようで、ブルーライトカットフィルムを導入しても大した効果は得られない可能性があるようです。

ノートパソコンにブルーライトカットフィルムを導入すると効果があると仮定しますが、それでもOSのブルーライトカット機能やブルーライトをカットするアプリケーションを利用すれば良いと考えられます。

そのことに関して気になる内容が、同記事に以下のとおり書かれています。
 デスクトップPCで使う液晶の多くは色温度を調節できるモデルが多いため、特に問題にはならないが、ノートPCに搭載された液晶で色温度調節機能を持ったものはほとんど聞かない。Windows標準の色調節機能やGPUのドライバを使えば、ある程度の調整はできるが、それは色個別の話で、色温度を直接調節できるわけではない。ソフトウェアで青の明るさを抑えればもちろんブルーライトは削減できるが、明るい部分だけでなく暗い部分も下がるため、液晶によっては「白は白になったが黒は黄色っぽくなる」場合もあってなかなか難しい。また、ノートPCの液晶は環境に合わせて結構輝度調整をするので、輝度によって若干色が偏移するので、さらに難しくなる。
色温度を下げれば、ブルーライトをカットできます。OSやアプリケーションでは色を調節することによって色温度を間接的に下げており、色の表示に関して問題が発生するようです。

色温度を直接調節するとしても黄色っぽくなる問題は発生することがありますが、色温度を間接的に調節するよりも問題が出てきにくいと考えられます。

同記事には、「EF-FL116WBL」を貼る前の画面と貼った後の画面を比較した画像が掲載されており、表示される色にほとんど違いはありませんでしたが、ブルーライトカットフィルムによりブルーライトをカットすることは色温度を直接調節することに近いので、色の問題があまり出なかったと考えられます。

もしブルーライトカットフィルムを使う方が色の問題が出にくいことが確かであれば、ブルーライトカットフィルムを導入する価値があると思いますが、ブルーライトをカットする割合を調節はできずカットしたくない場合はフィルムを剥がす必要が出てきますので、ブルーライトカットフィルムの方が良いとは一概には言えません。


キャンペーン情報
富士通
・大ボーナスセール
クーポン利用で16〜23%OFF等の10大特典
(11月27日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(11月27日迄)