ディスプレイの輝度は高い方がよいとは限らない?

最終更新日 2021年05月11日

ディスプレイの輝度は高い方がよいとは限らないのか

第2回 輝度とコントラスト比は高いほど良いのか? | EIZO株式会社 には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2005/07/08)
 まず輝度についてだが、高ければ良いとは限らない。輝度の高低が画面の見やすさに影響するのは事実だが、画面の見やすさは輝度以外にも、人間の目から画面までの距離、視力、環境光(周辺の明るさ)にも左右される。
ディスプレイの輝度は高い方がよいとは限らないようです。

画面を見やすくするために、場合によっては輝度を低くして使うとよいようです。

例えば、間接照明を取り入れた暗い屋内でディスプレイを使う場合は輝度が低い方がよく、輝度を高くすると目の負担が大きくなります。

太陽の光が差し込む明るい屋内でディスプレイを使う場合は輝度が高い方がよく、最大輝度に設定しても輝度が足りないほどのディスプレイもあります。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
夏のボーナスセール
期間限定で大幅値引き!最大50,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(6月23日迄)
DELL
・お客様感謝セール
即納パソコンがクーポンで最大23%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・先取りボーナスセール
BTOパソコン、PCパーツ・周辺機器をセール価格でご提供
(6月22日迄)