液晶ディスプレイの輝度ムラ、色ムラの原因とは?

最終更新日 2020年11月02日

液晶ディスプレイの輝度ムラ、色ムラの原因とは何か

ASCII.jp:ワンランク上のSXGA液晶選び (1/5) には、以下のとおり書かれています。(この記事の更新年月日は2002/08/10)
 現時点における輝度ムラ、色ムラの最大の原因は、視野角の狭さによるもので、観察者に相対した表示面との角度が、画面周囲と中心部とで異なってしまうことから生じる(図A)。

(略)

 2番目の要因は、バックライト機構の不出来によるもので、蛍光管からの光を均等に拡散しきれない場合に、暗い領域がムラとして認識されてしまうため。
同記事のさらなる解説によると、特にTN方式だと視野角が狭く、輝度ムラ、色ムラを感じられる場合が多いそうです。

最近ではバックライト機構の質が上がりましたので、輝度ムラ、色ムラのほとんどが視野角に起因するそうです。

液晶モニターに色ムラや輝度ムラはありますか? FAQ詳細 | EIZO株式会社 には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
液晶モニターはRGB各色のカラーフィルターに光を透過させて、色調を表現しています。
そのため現在の技術では、このカラーフィルターを完全に均一にすることは非常に難しく、若干の色ムラが生じる場合があります。
また、光を透過させているバックライトの特性により、輝度ムラが生じる場合もあります。
以上いろいろな記事を見てきましたが、液晶ディスプレイの輝度ムラ、色ムラの原因には、視野角が狭い、バックライトの光を均等に拡散できていない、カラーフィルターが均一ではない、以上の原因があるようです。

液晶ディスプレイの視野角については仕様に記載されていますが、視野角とは一定以上のコントラスト比を保てる範囲であり、輝度ムラや色ムラが発生しない範囲ではありません。

一定以上のコントラスト比とはどのくらいなのか、その基準は統一されていません。

それでも、視野角が広い方が輝度ムラや色ムラが発生しにくいことに期待できますので、視野角が狭いTN方式ではなく、視野角が広いVA方式かIPS方式を採用している液晶ディスプレイを選ぶと良いです。

バックライト機構の質やカラーフィルターの質については、仕様に記載されておらず質の高さを判断するのは困難です。



キャンペーン情報
マウスコンピューター
夏のボーナスセール
期間限定で大幅値引き!最大50,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(6月23日迄)
DELL
・お客様感謝セール
即納パソコンがクーポンで最大23%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・先取りボーナスセール
BTOパソコン、PCパーツ・周辺機器をセール価格でご提供
(6月22日迄)

液晶ディスプレイのムラ



デル株式会社