VESA FDMI(VESAマウント)とは?

最終更新日 2019年10月11日

VESA FDMI(VESAマウント)とは何か

ASCII.jp:液晶あるのにモニタアームがないなんてもったいない! (1/5) には、以下のとおり書かれています。
 現在のディスプレーとモニターアームは、ディスプレーに関する標準化団体「VESA」によって規格化された取り付け穴規格(いわゆるVESAマウント)に準拠している。
液晶ディスプレイ-17(VL-17CSS/17CSLY)保護パネル付液晶ディスプレイ-17(VL-17CSSP)補足情報 - 富士通 には、以下のとおり書かれています。
「VESA FDMI」とは「VESA Flat Display Mounting Interface」の略で、液晶ディスプレイとアーム、または壁掛けキットを取り付けるインターフェースです。
【VESAマウントアーム】 用語解説辞典|【公式】NTTPC には、以下のとおり書かれています。
そのアームに液晶ディスプレイを固定するための規格も決められていて、これを一般に VESAマウントアームと呼んでいる。VESA規格マウントアームとか、VESAマウントアーム規格と呼ばれることもある。VESA は、この規格を定めた業界団体。
液晶ディスプレイを取り付けるための可動式のアームはモニターアームやディスプレイアーム等と呼ばれていますが、モニターアームには規格があり、その規格を VESA FDMI(VESA Flat Display Mounting Interface)や VESA マウントと呼ぶようです。

VESA FDMI(VESAマウント)に含まれる VESA は、規格を定めた業界団体の名称のようです。

液晶ディスプレイとモニターアームはネジを使って固定しますが、ネジ穴の位置が各メーカーでバラバラだと選びにくくなります。そのようなことがないように VESA FDMI(VESAマウント)が作られたと考えられます。


キャンペーン情報
富士通
・オータムセール
クーポン利用で16〜22%OFF等の10大特典
(11月13日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(11月27日迄)