DisplayPortケーブルは相性問題が発生しやすい?

最終更新日 2020年10月27日

DisplayPortケーブルは相性問題が発生しやすいのか

ディスプレイ接続用インターフェイスのご紹介 : AKIBAオーバークロックCafe には、DisplayPortケーブルの相性問題について、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2018/09/24)
ただし、ケーブルによる相性問題が起こりやすいとの報告が少なくないため、信頼できるメーカーのケーブルを選ぶことが重要な規格であると言えるでしょう。
DisplayPortケーブルは相性問題が発生しやすいようです。

なぜ発生しやすいのか、その理由については書かれておらず不明です。

以下に書く内容は仮説です。

DisplayPortケーブルにDisplayPort 1.4認証済み等、認証済みの製品が見られますが、認証を受けておらず正常に伝送できないことがあるほど品質に問題があるDisplayPortケーブルが多く出回っているとしたら、これが原因でDisplayPortケーブルの相性問題が発生しやすいと考えられます。

もし認証済みであっても相性問題の発生が多い場合、出荷する全ての製品に対し認証を受けるための試験を行っておらず、品質のバラつきが大きく正常に伝送できないほど品質に問題があるDisplayPortケーブルが多く出回っているとしたら、これが原因でDisplayPortケーブルの相性問題が発生しやすいと考えられます。

先に書いたとおり以上は仮説であり、確かな理由がわかったら追記します。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
秋の感謝セール
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(9月29日迄)
DELL
・半期に一度の大感謝祭
即納パソコンがクーポンで最大23%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・半期決算セール
半年に一度のお得なチャンス最大30,000円OFF!
(9月30日迄)

DisplayPortケーブルの相性問題



デル株式会社