DisplayPort 1.2は4K解像度フレームレート60Hzに対応?

最終更新日 2021年03月18日

DisplayPort 1.2は4K解像度フレームレート60Hzに対応しているのか

HiDPIやRetinaを誤解してない?――4K時代のディスプレイ選びに欠かせない「画素密度」を理解する (1/4) - ITmedia PC USER には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2014/12/11)
 現在市場にある4Kディスプレイで4Kの60Hz表示が行えるインタフェースは、21.6Gbpsの帯域幅を持つ「DisplayPort 1.2」に限られる。
ノートPC画面が小さく感じる、拡張方法と注意点(2ページ目) | 日経クロステック(xTECH) には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2018/08/03)
一方、DisplayPortの場合は、普及しているDisplayPort 1.2で4K解像度の60Hz表示ができる。
安価に4K解像度の映像を60Hzのリフレッシュレートで楽しむ方法とは? - GIGAZINE には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2020/02/19)
DisplayPortについては、2010年1月にリリースされたDisplayPort 1.2-1.2 aが4K解像度で60Hz以上のリフレッシュレートをサポートしています。
Thunderbolt 4がUSBの混乱を解決するか、多機能Type-Cの実装を予測(4ページ目) | 日経クロステック(xTECH) には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2020/11/09)
DisplayPortは、広く普及している1.2で4K解像度での60Hz表示が可能だ。
以上いろいろな記事を見てきましたが、DisplayPort 1.2は4K解像度かつフレームレート60Hzに対応しているようです。

4Kとは、3840×2160です。

以下は、他のバージョンにおける4K解像度かつフレームレート60Hzへの対応状況です。

DisplayPort 1.2以降のバージョンには、DisplayPort 1.2→DisplayPort 1.2a→DisplayPort 1.3→DisplayPort 1.4→DisplayPort 1.4a→DisplayPort 2.0がありますが、これらも4K解像度かつフレームレート60Hzに対応しています。(2020/08/18時点)

DisplayPort 1.2が登場する前のバージョンには、DisplayPort 1.0→DisplayPort 1.1a→DisplayPort 1.1がありますが、4K解像度かつフレームレート60Hzに対応しておらず、4K解像度かつフレームレート30Hzなら対応しています。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
秋の感謝セール
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(9月29日迄)
DELL
・半期に一度の大感謝祭
即納パソコンがクーポンで最大23%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・半期決算セール
半年に一度のお得なチャンス最大30,000円OFF!
(9月30日迄)

DisplayPort 1.2とフレームレート



デル株式会社