マイクロプロセッサーとは?

最終更新日 2019年10月11日

マイクロプロセッサーとは何か

マイクロプロセッサー - 意味・説明・解説 : ASCII.jpデジタル用語辞典 には、以下のとおり書かれています。(この記事の更新年月日は2010年4月19日)
コンピューターの基本的な処理機能をひとつのLSIにまとめたもの。MPUとも呼ぶ。CPUと同義になっているが、もともとCPUはLSIではなく、いくつかの電子回路やICから成り立っていたもので、それを集積回路で実現したことからマイクロプロセッサーという呼称が生まれた。
microprocessor(マイクロプロセッサー)の意味 - goo国語辞書 には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
CPUの機能を、1個または数個程度の集積回路に収めたもの。CPUと同じ意味として使われることが多い。プロセッサー。MPU(micro-processing unit)。
マイクロプロセッサとは? | 半導体の原理 | nanotec museum には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
このプロセッサを1個の半導体チップに集積した部品として生まれたのがマイクロプロセッサです。
以上いろいろな記事を見てきましたが、CPU を1つの LSI に集めたものをマイクロプロセッサーと呼ぶようです。MPU(Micro Processing Unit)とも呼ぶようです。

CPU とは Central Processing Unit の略であり、中央演算処理装置とも呼びます。CPU はコンピューターにとって中心となる装置であり、演算をしたり他の装置を制御したりする役割を担います。

プロセッサーは CPU のみを指すとは限りませんが、CPU を指すことが多いです。

IC(集積回路)とは、1つの基板にトランジスター等の素子を多数集めて作られた電子回路です。IC(集積回路)が作られている基板は半導体であり、半導体チップや IC(集積回路)チップ等と呼びます。

ASCII.jpデジタル用語辞典の記事によると、CPU を1つの LSI に集めたものがマイクロプロセッサーのようですが、LSI とは Large Scale Integration の略であり、規模が大きい IC(集積回路)です。大規模集積回路とも呼びます。

LSI は IC(集積回路)の一種なので、マイクロプロセッサーとは CPU を1つの IC(集積回路)に集めたものとも言えると考えられます。

IC(集積回路)は半導体チップ上に作られますので、マイクロプロセッサーとは1つの半導体チップ上に集めたものとも言えると考えられます。

goo国語辞書の記事によると、CPU を数個程度の IC(集積回路)に集めたものもマイクロプロセッサーと呼ぶようですが、数個程度までならマイクロプロセッサーに当てはまるようです。


キャンペーン情報
富士通
・スプリングセール
クーポン利用で18〜24%OFF等の11大特典
(4月21日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(5月12日迄)