発熱量が小さいモバイルPC向けCPUはPCゲームに適していない?

最終更新日 2020年09月16日

発熱量が小さいモバイルPC向けCPUはPCゲームに適していないのか

CPUはデスクトップパソコン向けCPUとモバイルパソコン向けCPUに分けることができますが、ここではPCゲーム用としてモバイルパソコン向けCPUを搭載しているパソコンを選ぶことを前提とします。

モバイルパソコン向けCPUは、全体的に発熱量が抑えられていますが、その中で発熱量が大きい、発熱量が小さいに分けることができます。

大雑把な目安ですが、TDP(Thermal Design Power)が約20W以上だと発熱量が大きいモバイルパソコン向けCPUであり、TDP(Thermal Design Power)が約20W未満だと発熱量が小さいモバイルパソコン向けCPUです。

発熱量が大きいモバイルパソコン向けCPUは、発熱量を抑えながらも性能の高さ重視であり、PCゲームに適しているCPUがそろっています。

発熱量が小さいモバイルパソコン向けCPUは、発熱量を抑えるために性能が犠牲になっており、性能の高さよりも発熱量の小ささ重視ですので、PCゲームに適していません。

PCゲーム向けとして販売されているパソコンには、発熱量が小さいモバイルパソコン向けCPUを搭載しているモデルが見られませんが、他の使用用途向けのパソコンまで選択肢を広げる場合は、選ばないように注意が必要です。

発熱量が小さいモバイルパソコン向けCPUでも、必要な性能を満たすならPCゲームを快適にプレイできますが、PCゲーム用にパソコンを選ぶなら、発熱量が大きいモバイルパソコン向けCPUを搭載しているモデルがおすすめです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
春の感謝セール
期間限定で大幅値引き!最大30,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(4月28日迄)
DELL
・GWセール
おすすめデスクトップパソコンがクーポンで最大18%OFF
(4月19日迄)
パソコン工房
・スプリングフェスタ
BTOパソコン、PCパーツ・周辺機器をセール価格でご提供
(4月27日迄)