HDDのミラーリング

最終更新日 2023年09月07日

HDDのミラーリングとは

基礎

HDDのミラーリングとは、複数のHDDに対し同じデータを書き込むことです。

ミラーリングの由来

複数のHDDに書き込むデータが鏡に映し出したように同じになるのでミラーリングと呼びます。

RAID 1

ミラーリングをRAID 1と呼ぶ場合もあります。RAIDとはRedundant Array of Inexpensive Disksの略で、複数のHDDを組み合わせて耐障害性を高めてデータの冗長性を確保することです。

ユーザーが操作してミラーリングを行う場合はRAID 1と呼びません。例えばユーザーが操作して別のHDDにも同じデータを書き込むことをミラーリングと呼びますが、RAID 1と呼びません。ハードウェアのみ、またはソフトウェアのみ、またはハードウェアとソフトウェアが自動的にミラーリングを行う場合はRAID 1と呼びます。

ミラーリングのメリット

複数のHDDの中で故障したHDDが発生しても、故障していないHDDが存在している限りはデータを失わないメリットがあります。

複数のHDDから分散してデータを読み込む場合、データ読み込み速度が向上するメリットがあります。

ミラーリングのデメリット

ミラーリングしない場合と比べて保存できるデータ量が小さくなるデメリットがあります。例えば容量が100GBのHDDが2台あるとします。保存可能なデータ量がミラーリングしない場合は200GBですが、ミラーリングする場合は100GBです。

ミラーリングしない場合と比べて書き込むデータを転送する処理に時間がかかるため、データ書き込み速度が少し遅くなります。


キャンペーン情報(PR)
マウスコンピューター
・夏先取りセール
最大35,000円OFF!!
(6月19日迄)
DELL
・今週のおすすめ製品
対象製品が最大31%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・超パソコン還元フェア
最大30,000円分ポイント還元
(6月10日迄)

HDDのRAID



デル株式会社