メインメモリーのXMP

最終更新日 2022年01月20日

メインメモリーのXMPとは

基礎

XMPとはeXtreme Memory Profileの略であり、オーバークロックの設定を簡単にできるプロファイルです。オーバークロック対応メインメモリーは、オーバークロックするように設定しても設定内容が適切ではないと性能が向上しません。XMPを利用すれば簡単に適切な設定ができます。

オーバークロック対応メインメモリーの多くがXMPに対応しています。XMP対応メインメモリー本体にXMPが保存されています。XMPを利用する場合、マザーボードにてメインメモリーからXMPを読み込むと適切な設定ができます。マザーボードがXMPに非対応だとXMPを利用できません。

EPPとの違い

EPPとはEnhanced Performance Profileの略であり、オーバークロックの設定を簡単にできるプロファイルです。XMPはCorsairとIntel、EPPはCorsairとNVIDIAが開発し策定したプロファイルの規格です。優劣に関する違いがなく、IntelとNVIDIAそれぞれが独自にCorsairと組み規格化したのでXMPとEPPが登場しました。

AMD CPU対応マザーボード

XMPはCorsairとIntelが規格化したので、AMD CPU対応マザーボードではXMP対応製品がなさそうですが、XMP対応製品があります。ただし、Intel CPU対応マザーボードと比べるとオーバークロックに失敗する可能性が高いですが、比較した上での話であり可能性自体は低いです。

XMPの設定

XMP対応メインメモリーをマザーボードに装着しただけではオーバークロックにはならず、BIOS設定にてXMPを有効にするとオーバークロックになる場合が多いです。マザーボードによっては有効にする設定作業が不要で自動的にオーバークロックになります。メインメモリーをオーバークロックさせるとパソコンの動作が不安定になったり故障率が高まるリスクがあるので、設定作業を必要とするマザーボードが多いです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
夏の感謝セール
最大88,000円OFF!!
(8月17日迄)
DELL
・クーポンで人気のパソコン・モニターがお買い得
おすすめパソコンがクーポンで最大22%OFF、ビジネス向けパソコンは最大49%OFF。モニターも最大25%OFF。
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・大ボーナスSALE
ゲーム・クリエイターPCがお得!PCパーツや中古商品も充実
(8月9日迄)