青色LED利用の光学式マウスは赤色LED利用と比べて何が違う?

最終更新日 2019年12月09日

青色LED利用の光学式マウスは赤色LED利用の光学式マウスと比べて何が違うのか

光学式やレーザーなど、マウスの読み取り方式の違いとは? - エレコム株式会社 には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
BlueLEDは、光学式の読み取り方式のひとつで、名前のとおり青色のLEDを使用しています。光沢のある素材の上での使用に若干難がありますが、読み取り感度は高く、価格が安いので、コストパフォーマンスの高い読み取り方式といえるでしょう。
赤色のLEDを利用する光学式マウスは、光沢のある素材の上や透明な素材の上での読み取り感度が低いデメリットがありますが、青色のLEDを利用する光学式マウスはこれらの素材の上でも読み取り感度が高いようです。

【第25回】マウスのセンサー、どれが良いの? | サンワダイレクト には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
現在の主流はこちら。名前の通り青色LEDを使った光学式です。

波長が短く拡散率の高い青色光が細かなホコリや凹凸を照らすことで、
赤色LEDの光学式やレーザー式が苦手とする光沢面や布の上でも読み取り可能。

場所を選ばず、どこでも快適に操作できます。
赤色のLEDを利用する光学式マウスと違い、青色のLEDを利用する光学式マウスは光沢面や布上でも操作できるようです。

あなたのマウスはどれ?裏面の光りの色でどのタイプなのか判別しよう|エンジョイ!マガジン には、以下のとおり書かれています。(この記事の更新年月日は2014年12月11日)
青色の光を放っているのは「BlueLEDマウス」です。波長の短い「BlueLED(青色LED)」光源を採用しています。波長が短いため、光学式マウス、レーザーマウスよりも細かい凹凸を正確に検知できます。

それまでのマウスが苦手としていた布やカーペット、不透明ガラスなどの上での感知性能が高いのが特徴。

さらに、リフトオフディスタンス(マウスを持ち上げてカーソルが動かなくなる距離)が短いため、狭いエリアでの操作にも適しています。ただこちらも、透明なガラスの上で使用する際はマウスパッドが必要です。
赤色の光学式マウスと違い、青色の光学式マウスは布、カーペット、不透明ガラス等の上でもマウスの動きを感知しやすいようです。

光学式とレーザー式、どちらのマウスを選ぶべきか? | マイナビニュース には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2014年12月25日)
なお、赤色LEDの代わりに青色LEDを利用するものも登場しており、この場合は光沢のある表面や布の上などこれまでの赤色LEDベースの光学式が苦手とされてきた表面でも動きを正しく読み取ることができるという。
赤色のLEDを利用する光学式マウスは、光沢がある表面、光を反射しやすい表面、布の上では使いにくい場合がありますが、青色のLEDを利用する光学式マウスはこれらの表面でも使えるようです。


キャンペーン情報
富士通
・期末決算セール
クーポン利用で22〜27%OFF等の11大特典
(9月22日迄)
シークレットクーポン
特別割引のクーポン
(10月5日迄)