Bluetoothマウスは消費電力が大きく電池が長持ちしない?

最終更新日 2019年12月09日

Bluetoothマウスの駆動時間はなんとかならないのか

マウスの電池寿命に関する謎 - 週刊アスキー には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2010年5月7日)
スゲエ知能をもったマウスだったんですね。ちなみにBluetoothマウスって、駆動時間もっとなんとかならないのでしょうか?

「Bluetooth v3.0になれば飛躍的に電池寿命が延びますが、現在のv2.1では、最長でも3ヵ月程度が限界でしょう」

なるほどヘビーなオイラだと1ヵ月程度かしら。Bluetoothのマウスは、こまめに電源オフにして使うのがよさそうです。
Bluetoothのバージョンによって違うようですが、Bluetoothマウスは消費電力が大きく電池が長持ちしないようです。その理由は、書かれておらず不明です。

Bluetooth 4.0 LEマウスは消費電力が小さく電池が長持ちするのか

Bluetooth 4.0LEマウスを試してみた | 日経 xTECH(クロステック) には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2013年4月24日)
 これに対して、Bluetoothマウスは低消費電力化が難しいのだそうです。Bluetoothのプロトコルを無視して勝手に電波を止めるというわけにもいかず、マウスを使っていなくても、ある程度の通信が行われてしまうからです。このため、ユーザーの使い勝手を考えると、Bluetoothへは全面的には移行できなかったのだとか。
Bluetoothマウスは、使われていない時に電波を止めて消費電力を抑えることができないので、消費電力が大きく電池が長持ちしないようです。

同記事ではBluetooth 4.0のLE(Low Energy)について解説しており、これに対応し利用するBluetoothマウスであれば消費電力が小さく電池が長持ちするそうです。


キャンペーン情報
富士通
・期末決算セール
クーポン利用で22〜27%OFF等の11大特典
(9月22日迄)
シークレットクーポン
特別割引のクーポン
(10月5日迄)