IR(赤外線)LED光学式マウスは青色や赤色と比べて何が違う?

最終更新日 2019年12月09日

IR LED(赤外線LED)利用光学式マウスは、青色LED利用光学式マウスや赤色LED利用光学式マウスと比べて何が違うのか

光学式やレーザーなど、マウスの読み取り方式の違いとは? - エレコム株式会社 には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
IR LEDは、赤や青といった有色LEDよりも波長の長い、赤外線LEDを利用した読み取り方式です。電池1本という省電力で使えるため、電池が長時間持つだけでなく、重量という面でもメリットがあります。IR LEDのマウスはモバイル環境に最適ですが、読み取り感度が低い欠点もあります。
IR LED(赤外線 LED)を利用する光学式マウスは、赤色LEDを利用する光学式マウスや青色LEDを利用する光学式マウスと比べると、消費電力が低いようです。消費電力が低く乾電池1本で済むので、ワイヤレスマウスの場合は乾電池が長持ちし、本体の重量が軽いメリットもあるようです。

IR LED(赤外線 LED)利用光学式マウスは読み取り感度が低いデメリットがあるようで、赤色LED利用光学式マウスや青色LED利用光学式マウスと比べてどれくらい劣るのか気になるところです。

【第25回】マウスのセンサー、どれが良いの? | サンワダイレクト には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
省エネルギー!

主にワイヤレスマウスに搭載されています。
波長の長い赤外線LEDを使用してセンサー駆動電圧を下げて省電力化。
電池1本で長期間使えます。

電池を2本使う他のワイヤレスマウスより軽量な点も見逃せません。
「他のワイヤレスマウス」には、赤色LED利用光学式マウス、青色LED利用光学式マウス、レーザー式マウスが含まれていると考えられますが、これらのマウスと比べてIR LED(赤外線 LED)を利用する光学式マウスは消費電力が低いようです。消費電力が低いので電池1本にでき、マウス本体を軽量にできる利点もあるようです。

マウスの読み取り方式を知ろう | バッファロー には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
赤色光と比べて波長が長く、動作電圧の小さい赤外線LEDを採用することにより省電力化しています。
読取り精度は赤色光学式と変わりませんが面倒な電池交換の頻度が下がり、長くご使用いただけます。
IR LED(赤外線 LED)を利用する光学式マウスは、赤色LED利用光学式マウスや青色LED利用光学式マウスと比べて消費電力が低いようです。ワイヤレスマウスの場合、消費電力が低いので電池が長持ちするようです。

IR LED(赤外線 LED)利用光学式マウスの読み取り精度は、赤色LED利用光学式マウスと同じのようです。ちなみに、青色LED利用光学式マウスの読み取り精度は、赤色LED利用光学式マウスよりも優れています。


キャンペーン情報
富士通
・期末決算セール
クーポン利用で22〜27%OFF等の11大特典
(9月22日迄)
シークレットクーポン
特別割引のクーポン
(10月5日迄)