モバイルノートパソコンはメインマシンには不向き?

最終更新日 2019年10月11日

モバイルノートパソコンはメインマシンには不向きなのか

モバイルノートパソコンは、サイズが小さく軽いので持ち運びしやすいです。しかし、小型化・軽量化のため機能や性能は劣ります。

モバイルノートパソコンに限ってもモデルによって本体サイズは異なりますが、一般的には本体サイズが小さいので画面とキーボード面積が狭いです。

広い画面を必要とする作業だと効率が上がらず、自分にとってキーボードが窮屈の場合でもキーを打ちにくく作業効率が上がりません。

モバイルノートパソコンの本体は内部スペースが狭いので冷却性能を高くできず、CPU や GPU(ビデオチップ)に関して発熱量が小さく性能が低いものを搭載せざるを得ません。

他にも様々なデメリットがありますが、モバイルノートパソコンはメインマシンとして使うのではなく、サブマシンとして使うのに向いています。

自宅等の屋内ではデスクトップパソコンや据え置きノートパソコン、屋外ではモバイルノートパソコンを使う、このように2台のパソコンを導入して使い分けるのがおすすめです。

もちろんモバイルノートパソコンはメインマシンに向いているか向いていないかは人それぞれです。モバイルノートパソコンの画面サイズが約13インチ型もあれば、画面やキーボード面積は十分広いと感じる人は少なくないと思います。

CPU や GPU(ビデオチップ)は技術進歩により性能が底上げされており、モバイルノートパソコンの中で標準的な性能でも十分と感じる人は少なくないと思います。

自宅等の屋内では、外付けディスプレイや USB 接続型キーボードを用意し、モバイルノートパソコンに接続して使えばデスクトップパソコンの使用感覚に近づけることができます。

屋外ではモバイルノートパソコンの小型・軽量であるメリットを享受でき、自宅等の屋内では小型・軽量である故に生じるデメリットをカバーできます。

モバイルノートパソコンでは CPU や GPU(ビデオチップ)の性能が足りなければ、モバイルノートパソコンをサブマシンとし、メインマシンとしてデスクトップパソコン等を導入するしかありません。


キャンペーン情報
富士通
・大ボーナスセール
クーポン利用で16〜23%OFF等の10大特典
(11月27日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(11月27日迄)