SSDは寿命に達するとどうなる?

最終更新日 2019年05月20日

SSDは寿命に達するとどうなるのか

SSD は、データ書き込みを行うと劣化していき、データ書き込み量が一定に達すると寿命を迎えます。それ以外の原因で寿命を迎えることもありますが、ここではデータ書き込み量が一定に達した場合に限定します。

SSD は、寿命を迎えたらどうなるのか。データ書き込みもデータ読み込みもできるが、データの破損が発生するのか。データ書き込みはできなくなるがデータ読み込みはできるのか。壊れてしまいデータ書き込みやデータ読み込みもできないのか。様々な予測ができますが、どうなるのか不明です。

開発の現場から最新事情をレポート | SSD完全攻略マニュアル | DOS/V POWER REPORT によると、株式会社東芝 セミコンダクター社の人が以下のとおり述べています。
寿命に関連して、実際に書き換え回数の限界に達したらどうなるのだろうか。「安全のために弊社のSSDは、あらかじめ準備された予備エリアがなくなり、実際に書き込める容量がドライブ公表値を下回る寸前になった場合には、リードオンリーモードに移行するようになっています」(白井氏)とのこと。これで、最悪の場合でもユーザーはそこまでのデータを失うことがない。
東芝の SSD は、寿命に達したらデータ読み込みのみ可能になるようです。

SSD の無償保証期間について - 東芝デジタルソリューションズ には、以下のとおり書かれています。
SSD が書き込み保障値を超え製品寿命に達すると、書き込んだデータが破損、またはデータの書き込みが不可(読み込み専用)となります。
DOS/V POWER REPORT の記事とは、若干異なります。

多くの人は、データが失われる事態は避けたいところだと思います。データの書き込みはできないがデータの読み込みのみ可能となり、データが失われることはなければ良いですが、東芝デジタルソリューションズの記事によるとデータが破損すると書かれていますのでデータが失われる恐れがあるようです。

DOS/V POWER REPORT の記事に書かれているとおりデータを失うことがないとしても、寿命によりデータ保持期間が短くなっていることに注意が必要です。

どの記事でもデータ保持期間については触れていませんが、データ保持期間が短くなっていることが原因で短期間でデータが失われてしまうかもしれません。

短期間と言ってもどれくらいの期間なのかわかりませんが、SSD が寿命によりデータ読み込みのみになったら、すぐにでも別のストレージへデータを移しておくと良いです。

もちろんデータを失っても特に問題なかったり、データをバックアップ済みであればデータの移行は不要です。

東芝以外の SSD については、寿命に達するとどうなるのかは不明です。


キャンペーン情報
ドスパラ
・サマーセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(8月30日迄)
ツクモ
・ツクモ決算SALE!
お買い得品を多数ご用意
(9月1日迄)
・旧モデル・型落ち品セール
新品・未開封!型落ち品を大幅値下げで販売中!
(セール実施中)
パソコン工房
・夏のボーナスセール 第3弾
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(8月29日迄)