電源ユニットのATとATXの違いとは?

最終更新日 2019年05月20日

電源ユニットの AT と ATX の違いとは何か

ATX 電源とAT 電源の違いは何ですか? - ニプロン によると、AT 電源ユニットと ATX 電源ユニットの違いとは以下のとおりです。

・最も大きな違いはメインコネクター、出力電圧
・AT 電源ユニットのメインコネクターは6ピン×2、ATX 電源ユニットのメインコネクターは20ピン×1
・AT 電源ユニットの出力電圧は +5V,+12V,-5V,-12V、ATX 電源ユニットの出力電圧は +3.3V,+5V,+12V,-5V,-12V,+5VSB
・AT 電源ユニットは電源の ON/OFF を手動で行うが、ATX 電源ユニットは電源の ON/OFF は自動(マザーボードからの指令)


キャンペーン情報
マウスコンピューター
期間限定キャンペーン icon
期間限定で大幅値引き!最大45,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(8月28日迄)
DELL
・サマーセール
13インチモバイル、17インチ大画面ノートなど、今週のおすすめPCがクーポンで最大17%OFF!
(8月19日迄)
ドスパラ
・サマーセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(8月30日迄)
パソコン工房
・夏のボーナスセール 第3弾
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(8月29日迄)