UPS(無停電電源装置)の寿命はどれくらい?

最終更新日 2019年10月11日

UPS(無停電電源装置)の寿命はどれくらいなのか

優れたUPSバッテリでも、その寿命は2〜5年なのですか? - APC には、以下のとおり書かれています。
無停電電源装置(UPS)のバッテリの寿命は、通常2年から5年(長寿命品)*が平均的と言われていますが、使用状況(バッテリ運転に切り替わった回数)やその他の環境的要因など、複数の要因に左右されます。
ASCII.jp:大震災でUPSを購入した人が今すぐ買い換えるべき理由 (1/2) には、以下のとおり書かれています。
 というのも、UPS用バッテリーの寿命は2〜5年と言われているからだ。
[データセンターの電源対策編]UPSを設置するだけで安心してはいけない | 日経 xTECH(クロステック) には、以下のとおり書かれています。
しかしUPSも永久には使えない。製品としての寿命は10kVA以下の場合5年程度で,バッテリーの寿命も使用環境によって変わって来る。
以上いろいろな記事を見てきましたが、UPS(無停電電源装置)の寿命は使い方や使用環境によって変わってきますが、寿命の目安は2〜5年のようです。

UPS(無停電電源装置)の稼働時間、UPS(無停電電源装置)を設置している環境の温度や湿度によって、UPS(無停電電源装置)の寿命は変わってくると考えられます。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
冬のボーナスセール icon
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(11月20日迄)
DELL
・PRE-BLACK FRIDAYセール
Office付き秋の感謝モデルほか、デスクトップ製品がクーポンで最大18%Off
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・最大20%還元 冬のボーナスセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(11月28日迄)
パソコン工房
・Windows 10乗り換え応援セール×総額3億円分早い者勝ち!
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(11月26日迄)