スマホを低温環境で使うとバッテリーの持ちが悪い?

最終更新日 2021年01月09日

スマホを低温環境で使うとバッテリーの持ちが悪いのか

スマホはバッテリー残量何%で充電するのがよい? | 日経クロステック(xTECH) には、スマートフォンやタブレットのバッテリーについて、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2015/03/11)
低温だと本来の容量を使えなかったり電圧が落ちたりすることがある。
スマホが寒さに弱いってホントですか? - いまさら聞けないAndroidのなぜ | マイナビニュース には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2016/11/29)
低温下での利用に関していえば、一般的な最適温度とされる20〜30℃を下回る頃から駆動時間が短くなりはじめ、場合によっては電源がオフになることもあります。
「暑い日はスマホ電池の減りが早い」は都市伝説? 電池劣化を防ぐ使い方も|TIME&SPACE by KDDI には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2018/07/03)
・極端な低温環境では電池の減りは早くなる。
以上いろいろな記事を見てきましたが、スマートフォンを低温環境で使うとバッテリーの持ちが悪いようです。

各記事のさらなる解説によると、氷点下(気温が0度を下回る)ではなければ気にする必要はないようです。

気温が5度等、氷点下ではなくても気温が低いとスマートフォンのバッテリーの持ちが悪くなりますが、気にするほどではないようです。