フェムトセルを使うと輻輳が発生しない?

最終更新日 2021年01月27日

フェムトセルを使うと輻輳が発生しないのか

フェムトセルの“料金体系”を考えてみた | 日経クロステック(xTECH) には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2007/07/25)
 フェムトセルのAPは,従来の基地局に代わってこうした通信の一部を処理することで,電波の混雑を緩和し,輻輳の発生やデータ通信で速度が低下するのを防ぐ役割を果たす。
「AP」とはAccess Pointの略であり、基地局のことです。

iPhoneはタワーマンションの高層階でも使えるのか? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ | マイナビニュース には、フェムトセルについて、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2013/01/29)
エリア半径は数十メートル程度と狭いものの、基地局と携帯電話の関係はほぼ1対1となるため、輻輳(ふくそう:通信が集中して平常時のデータ送受信が困難になる状況)の心配がありません。
以上いろいろな記事を見てきましたが、フェムトセルを使うと輻輳が発生しないようです。

フェムトセルではない一般的な基地局は、1つの基地局で多数の携帯電話(スマートフォン)との通信が集中し輻輳が発生する可能性があります。

例えば、災害発生時に安否確認等を行うために多数の人が携帯電話(スマートフォン)を使うと、輻輳が発生することがあります。

フェムトセルを使っていても多数の携帯電話(スマートフォン)との通信が集中すれば輻輳が発生すると思われますが、原則的にほぼ1対1となるでしょうから輻輳の心配をする必要はないと思われます。